コーチ Coach 歴史 ヒストリー

世界的に愛されるコーチのブランド歴史

コーチは、現在高級バッグブランドとして世界的に有名なブランドです。ここでは、世界的に愛される格式高いコーチの歴史をご紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。

コーチ Coach 歴史 マイルズ・カーン リリアン・カーン
コーチ Coach 歴史 ヒストリー

コーチの歴史とは

1941年にニューヨーク・マンハッタンのソーホー地区にある倉庫スペースで創業した事がコーチのブランドとしての始まりです。マイルズ・カーンとリリアン・カーン夫妻と6人の職人によってブランドが設立され、創業当時はゲイルという社名で紳士向けの革製品の下請生産する工房としていましたが、腕利きの職人たちの革製品に対するこだわりと卓越した技術が多く人々の目に留まり、徐々にコーチ独自のブランドとしてその名を確立していきました。コーチを代表するオリジナルの革素材として1958年に完成した「グラブタンレザー」がありますが、これはある時、野球を観戦していたカーンが、野球グローブのように使い込むほど手になじむ柔軟性と味わいのある革素材を作れないか、という閃きから生まれました。1960年初頭に社名を現在のコーチに変更すると、グラブタンレザーを採用した12個のバッグのコレクションが発表されました。職人がひとつひとつ丁寧に手仕事で仕上げたバッグは、丈夫で使いやすいと品質の高さが評判となり、コーチを象徴する代表的なバッグとして現在も語り継がれています。1962年には、映画「王様と私」などの衣装をデザインしたボニー・カシンを中心に、女性のためのユニークなデザインのバッグや女性向けアクセサリーなどを発表し、これが女性たちの間で人気を博しました。1970年代は順調にアメリカ全土へ販路を拡大し、1985年にサラ・リー社の傘下となったことをきっかけに世界的なブランドとして成長していきます。そして現在、2013年にスチュアート・ヴィヴァースを新しいクリエイティブ・ディレクターに迎えたコーチは、これまでのブランドイメージを一転させ、革新的でモダン、かつモードなアメリカン・スタイルを表現したデザインを発表し、進化を続けています。