「ジュエリー」「ブランド品」「ブランド時計」のお役立ち情報!
※あくまでも参考程度にご覧ください。

ブランド品情報

【2021年 秋】ルイ・ヴィトンのダミエ・エベヌ バッグの中で買取りが高いモデル

【2021年 秋】ルイ・ヴィトンのダミエ・エベヌ バッグの中で買取りが高いモデル

今回は、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のライン「ダミエ・エベヌ」のバッグ、2021年9月時点の買取相場をご紹介いたします。ダミエ・エベヌのバッグの、最新買取相場価格を知りたい方の参考になれば幸いです。大蔵屋では

続きを読む

【2021年 夏】ルイ・ヴィトンのモノグラム・エクリプス 財布の中で買取りが高いモデル

【2021年 夏】ルイ・ヴィトンのモノグラム・エクリプス 財布の中で買取りが高いモデル

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のメンズラインとして2016年に登場した「モノグラム・エクリプス」は、スーツにも合わせやすいことからビジネスマンの間でも人気のラインです。今回はビジネスシーンでも活躍する「モノグラ

続きを読む

【2021年 夏】ルイ・ヴィトンのモノグラム・エクリプス バッグの中で買取りが高いモデル

【2021年 夏】ルイ・ヴィトンのモノグラム・エクリプス バッグの中で買取りが高いモデル

今回は、2021年の夏に「ルイ・ヴィトン モノグラムのバッグを高く売りたい」「買取相場が知りたい」とお考えのお客様に向けて、5つのバッグをピックアップして買取相場をご紹介いたします。ここで紹介したバッグ以外でも、買取相場が気

続きを読む

【2021年 夏】ルイ・ヴィトンのモノグラムバッグの中で買取りが高いモデル

【2021年 夏】ルイ・ヴィトンのモノグラムバッグの中で買取が高いモデル

今回は、2021年の夏に「ルイ・ヴィトン モノグラムのバッグを高く売りたい」「買取相場が知りたい」とお考えのお客様に向けて、5つのバッグをピックアップして買取相場をご紹介いたします。ここで紹介したバッグ以外でも、買取相場が気

続きを読む

【2021年 夏】ルイ・ヴィトンのモノグラム財布の中で買取りが高いモデル

【2021年 夏】ルイ・ヴィトンのモノグラム財布の中で買取りが高いモデル

今回は、2021年の夏にぜひ買取したいルイ・ヴィトン、モノグラムラインの財布をご紹介いたします。お客様がお手持ちの財布の状態にあった買取金額がわかるように、商品の状態ランクごとに具体的な買取相場金額を記載しますので、ルイ・ヴ

続きを読む

「グッチのバッグコレクション」について

グッチのバッグコレクションについて

「グッチ(GUCCI)」は、1921年にイタリアで創業した有名ブランドです。創業者グッチオ・グッチ(Guccio Gucci)によって、皮革製品を扱うお店としてスタートしました。イギリスから輸入したバッグの販売やその修理を行っていた

続きを読む

「グッチの財布小物」について

グッチの財布小物について

「グッチ(GUCCI)」は、1921年にイタリア・フィレンツェで創業した人気ブランドです。創業当時は皮革製品、なかでも主にカバンを扱う会社として設立されました。イギリスから輸入したカバンを販売するとともに、その修理を通して習得した

続きを読む

イタリアを代表する名門「ブルガリの人気ライン」

ブルガリの人気ライン

イタリアを代表する名門ブランド「ブルガリ(BVLGARI)」は、1884年に宝飾品店としてローマで創業しました。ブルガリは、5大ジュエラーのひとつに数えられる老舗ジュエラーのひとつです。創業から130年以上にわたり、魅力的なコレクションの

続きを読む

「グッチのジュエリー」について

グッチのジュエリーについて

2015年からはクリエイティブ・ディレクターに、デザイナーであるアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)が就任しています。グッチのジュエリーは、卓越した技術を持つイタリアの職人たちによって、イタリア・フィレンツェにある工房で

続きを読む

「グッチの魅力」について

グッチの魅力について

イタリアの名門ブランドのひとつである「グッチ(GUCCI)」は、1921年にグッチオ・グッチ(Guccio Gucci)によってイタリア・フィレンツェで創業しました。グッチは創業100年を迎える有名ブランドです。レザー製品を扱う会社として設立され

続きを読む

ブルガリのジュエリー

ブルガリのジュエリー

ブルガリ(BVLGARI)は、1884年にイタリア・ローマで創業した老舗ブランドです。銀細工の宝飾品店として創業したブルガリは、世界5大ジュエラーのひとつに数えられています。ブルガリのジュエリーは、古代ローマ時代からインスパイアを受け

続きを読む

ブルガリの魅力

ブルガリの魅力

「ブルガリ」のつづりは、創業者の名前「BULGARI」ではなく「BVLGARI」です。「U」が「V」に変わっています。これは、ブルガリが古代ラテン文字を使用しているからです。古代ラテン文字は、古代ローマ遺跡にも使われている古い文字

続きを読む

カルティエのレザーグッズ

カルティエのレザーグッズ

「カルティエ(Cartier)」は、フランス・パリで1847年に創業した老舗ジュエラーです。顧客には各国の王侯貴族が名を連ね、王室御用達ブランドとして有名です。カルティエは1904年に、男性用腕時計「サントス」を製作しました。「サントス」

続きを読む

カルティエのジュエリー

カルティエのジュエリー

「カルティエ(Cartier)」は、世界5大ジュエラーの1つです。カルティエは、1847年にフランス・パリでジュエリー工房として創業しました。「王の宝石商、宝石商の王」と称されるカルティエは、世界各国の王室御用達ブランドです。創業者の

続きを読む

カルティエのダイヤモンドについて

カルティエのダイヤモンド

「カルティエ(Cartier)」は、フランスで1847年にジュエリー職人のルイ・フランソワ・カルティエによって創業されました。カルティエのジュエリーに使われる宝石は最高品質のものばかりです。なかでもダイヤモンドは、4C(カラット・カラー・

続きを読む

ティファニーのダイヤモンドについて

ティファニーのダイヤモンド

1837年に創業した「ティファニー(TIFFANY & Co.)」は、1848年にアメリカでダイヤモンドの販売元として有名になりました。アメリカで一番の老舗ジュエラーとしての地位を確立しています。ティファニーでは最高水準のダイヤモンドのみを扱

続きを読む

ティファニーの人気ライン

ティファニーの人気ライン

「ティファニー(TIFFANY & Co.)」は、1837年にアメリカで創業されたジュエリーブランドです。創業者はチャールズ・ルイス・ティファニー。世界五大ジュエラーのひとつに数えられる老舗です。世界的に人気が高く、世代をこえて人々に愛

続きを読む

ティファニーブルーについて

ティファニーブルーについて

「ティファニー(TIFFANY & Co.)」を象徴するブランドカラー「ティファニーブルー」。ティファニーブルーが誕生したのは、1845年です。ティファニーのジュエリーコレクションを紹介するために創刊された、ブルーブックの表紙の色とし

続きを読む

ティファニーの魅力について

ティファニーの魅力について

「ティファニー(TIFFANY & Co.)」は、1837年にアメリカ・ニューヨークで創業されました。1848年にヨーロッパから宝石を買い付け、ダイヤモンドの販売元として有名になり、アメリカで一番のジュエラーとしての地位を確立。1851年にはシ

続きを読む

サルヴァトーレ・フェラガモの歴史について

サルヴァトーレ・フェラガモ Salvatore Ferragamo 歴史 ヒストリー トップ

サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)は、1927年にイタリアにて創業したラグジュアリーブランドです。創業者のサルヴァトーレ・フェラガモの名を冠したブランドで、靴やバッグなど様々なアイテムが現代においても多くの

続きを読む

セリーヌの歴史について

セリーヌ Celine 歴史 ヒストリー トップ

セリーヌ(Celine)は、1945年にフランスにて創業したラグジュアリーブランドです。創業者で女性実業家であるセリーヌ・ヴィピアナ(Celine Vipiana)が、皮革の子供靴を専門に扱うオーダーメイド店を設立したことがブランドの始まりで

続きを読む

プラダの歴史について

プラダ PRADA 歴史 ヒストリー トップ

イタリアの高級ファッションブランドのプラダ(Prada S.p.A.)は、1913年にプラダ兄弟マリオ・プラダ (Mario Prada) とフラテッリ・プラダ(Fratelli Prada)が設立したレザーショップがその起源です。高品質のレザーを世界中から集めて生み出さ

続きを読む

収納力が抜群!エルメスの「トリム」とは?

エルメス トリム

エルメスのトリムは、クラシカルでシックなデザインが特徴です。特に、セミショルダータイプのトリムは、セレブにも愛用者が多いバッグです。サイズやカラー、素材も豊富なので、自分の好みに合うトリムを探すことができます。シックであり

続きを読む

エルメスが世界で初めて作り出したファスナーバッグ!ボリードとは?

エルメス ボリード

エルメスはその優雅さゆえに、多くの女性が憧れる高級ブランドです。その中でもボリードは、シンプルなデザインながら気品と落ち着きがあり、多くの愛用者を獲得しています。シックで、落ち着いた雰囲気の女性にピッタリなボリードとは、

続きを読む

旅行バッグとして人気を集めたモデル!エルメス「オータクロア」とは?

エルメス オータクロア

エルメスは、創業以来200年近くたっても色褪せることがありません。そんなエルメスを代表するオータクロアとは、どんなバッグなのでしょうか。エルメスといえばバーキンやケリーが有名ですが、そのベースとなったのがオータクロアとも言われて

続きを読む

Hのパンチングが印象的でスタイリッシュなバッグ!エルメス「エヴリン」とは?

Hのパンチングが印象的でスタイリッシュなバッグ!エルメス「エヴリン」

エルメスは、馬具工房から始まったメーカーです。エブリンは、馬具工房のディレクターである、「エヴリン・ベルトラン」の名前を取ってつけられました。エヴリンは馬具を出し入れしやすいように、開口部が広く作られたバッグなので実用性に富

続きを読む

幸運に満ちた風景を切り取ったようなデザイン!ルイ・ヴィトン「エピ」とは?

幸運に満ちた風景を切り取ったようなデザイン!ルイ・ヴィトン「エピ」

ルイ・ヴィトンの「エピ」というラインをご存知でしょうか?シンプルかつ高級感溢れるデザインで、男女問わず高い支持を獲得している人気のラインです。今回は、そんな「エピ」について誕生から現在までの歴史や人気の理由を、詳しく解説して

続きを読む

いつの時代もセレブに愛されるバッグ!エルメス「バーキン」とは?

いつの時代もセレブに愛されるバッグ!エルメス「バーキン」

エルメスバーキンは、高級ブランドのエルメスの中でも特に人気のある商品です。あまりに人気が高いため、高価でしかも入手困難なアイテムとしても有名です。エルメスバーキンの魅力はどこにあるのでしょうか。バーキン誕生の由来を紐解きな

続きを読む

ルイ・ヴィトンの改革の象徴的なライン「モノグラム・ヴェルニ」とは?

ルイ・ヴィトンの改革の象徴的なライン「モノグラム・ヴェルニ

ルイ・ヴィトンの「モノグラム・ヴェルニ」というラインをご存じでしょうか?それまでの伝統的なデザインとは異なるデザインが特徴で、多くの女性から支持を獲得している人気のラインです。今回は、そんなモノグラム・ヴェルニについて誕生の

続きを読む

モナコ王妃が愛したハンドバッグ!エルメス「ケリー」とは?

モナコ王妃が愛したハンドバッグ!エルメス「ケリー」

言わずと知れた高級ブランドのエルメスの中でも、ひときわ異彩を放つのが「ケリー」ではないでしょうか。その人気は絶大で、多くのエルメスファンが欲しがるアイテムです。ケリーはその気品あふれるフォルムが、女性を惹きつけてやみませ、

続きを読む

2010年に発表!ルイ・ヴィトン「モノグラム・アンプラント」とは?

2010年に発表!ルイ・ヴィトン「モノグラム・アンプラント」

モノグラム・アンプラントは2010年に発表されたルイ・ヴィトンのアイテムです。カーフレザーに型押しされた革には、モノグラム・モチーフ独特の風合いがあります。2000年に発売された、モノグラム・グラセから始まったこのシリーズの集大成と

続きを読む

2014年発売!ルイ・ヴィトン「ダミエ・コバルト」とは?

2014年発売!ルイ・ヴィトン「ダミエ・コバルト」

ダミエ・コバルトは、男性向けに作られたダミエのラインナップです。2014年に発売以来、その斬新なデザインが多くの愛好家を魅了しています。深海のコバルトブルーをイメージしたという、洗練された色づかいがダミエにさらなる深みを与えまし

続きを読む

CCマークが特徴!!シャネルの「カンボンライン」とは?

CCマークが特徴!!シャネルの「カンボンライン」

カンボンラインは大きなCCマークが特徴で、いかにもシャネルという感じがするバッグです。シャネルの定番であるココマークを大胆にあしらったデザインは、シャネルを代表するラインの証と言えるでしょう。発売以来、シャネルファンに高く支持

続きを読む

2011年に発表されたメンズライン!ルイ・ヴィトン 「ダミエ・アンフィニ」とは?

2011年に発表されたメンズライン!ルイ・ヴィトン 「ダミエ・アンフィニ」

高級ブランドのルイ・ヴィトンの中でも、ダミエ・アンフィニはひときわ輝く存在と言っていいでしょう。独特の2色を使ったダミエのデザインを、色を使わずにレザーの表面の凹凸で表しています。ダミエ・アンフィニが多くのファンを魅了する理由

続きを読む

「ガブリエル ドゥ シャネル」の魅力をご紹介

「ガブリエル ドゥ シャネル」の魅力をご紹介

ガブリエル ドゥ シャネルは、2017年の夏モデルとして登場して以来、急速にファンが増えました。女性だけでなく男性にも愛用者が多く、誰もが憧れるシャネルのアイテムの中でも、ひときわ輝きを放っています。シャネルの創始者ココ・シャネルの

続きを読む

ルイ・ヴィトン「ダミエ・グラフィット」をご紹介

ルイ・ヴィトン「ダミエ・グラフィット」をご紹介

ルイ・ヴィトンには魅力的なアイテムが数多くありますが、その中でもダミエ・グラフィットはとても人気があります。ダミエ・グラフィットとはどのようなアイテムなのでしょうか。ここでは、ダミエグラフィットの特徴と魅力について解説しまし

続きを読む

ルイ・ヴィトン「ダミエ・アズール」の魅力をご紹介

ルイ・ヴィトン ダミエ・アズール

ルイ・ヴィトン ダミエ・アズールは女性向けのアイテムですが、不思議なことに男性にも多くの愛用者がいます。白を基調としたシンプルさが男性にも受けているのでしょう。ユニセックスなデザインのバッグも多いので、男女を問わず人気が高い

続きを読む

隠れファンが多い?シャネル「Vステッチ」とは?

シ隠れファンが多い?シャネル「Vステッチ」

シャネルの中でも、Vステッチには独特の魅力があるようです。Vステッチは文字通りV字型のステッチが入ったモデルのことです。シャネルの定番であるマトラッセに比べると、Vステッチはやや印象が薄いようですが、それでもVステッチに惹かれるコアな

続きを読む

モノグラム×レザー ルイヴィトン 「モノグラム・マカサー」とは?

モノグラム×レザー ルイヴィトン 「モノグラム・マカサー」

モノグラム・マカサーとはどのようなアイテムでしょうか。モノグラム・マカサーは、モノグラム・キャンバスとブラックレザーを使った男性向けのアイテムです。アンティーク調の色彩は、大人の男性をイメージさせるのに十分です。ビジネスで

続きを読む

シンプルなデザインが魅力!シャネル「パリビアリッツ」とは?

シンプルなデザインが魅力!シャネル「パリビアリッツ」

シャネルパリビアリッツはキャンパス地を使った高級感のあるバッグです。キャンパス地なのでカジュアルシーンにも使えますが、エレガントな雰囲気も併せ持つのでフォーマルシーンにも合うため、愛用者の多いモデルです。シンプルなデザインが

続きを読む

メンズ向けライン!モノグラム・エクリプスの魅力をご紹介!

ルイ・ヴィトン モノグラム・エクリプス

ルイ・ヴィトンのモノグラム・エクリプスには、どんな魅力があるのでしょうか。モノグラム・エクリプス キャンバスで仕立てられた商品はとてもクールな印象でどれも落ち着いたデザインでスタイリッシュなアイテムが揃っております。モノグラム

続きを読む

2012年に発売!シャネル「ドーヴィル」とは?

2012年に発売!シャネル「ドーヴィル」

シャネルは落ち着いた大人の雰囲気があり、多くの女性にとって憧れのブランドですが、ドーヴィルはカジュアルな装いのバッグです。2012年に誕生したドーヴィルは芸能人にも愛用者が多く、人気急上昇中のバッグです。ドーヴィルのコンセプト

続きを読む

洗練された美しさ!ルイ・ヴィトン ダミエ・エベヌをご紹介!

洗練された美しさ!ルイヴィトン ダミエ・エベヌをご紹介

ルイ・ヴィトンといえば言わずと知れた高級ブランドですが、その中で一番有名なのはモノグラムでしょう。しかし、ダミエ・エベヌもそれに負けないくらいの人気があります。チェック柄に近いデザインがダミエ・エベヌの特徴で、豊富なバリ

続きを読む

2011-12年の秋冬コレクションから登場!シャネル「ボーイシャネル」の魅力をご紹介

2011-12年の秋冬コレクションから登場!シャネル「ボーイシャネル」

シャネルといえば、多くの人が憧れる高級ブランドです。 その中でひときわ異彩を放つアイテムがボーイシャネルです。 直線的な外観にシックなトーンのボーイシャネルは、弾薬保管バッグをモチーフに作られました。 普通のブランドバッグとはひと

続きを読む

ルイ・ヴィトンの王道ライン4つ!モノグラム、ダミエ、ヴェルニ、エピをご紹介!

ルイ・ヴィトン 王道ライン モノグラム ダミエ ヴェルニ エピ

ルイ・ヴィトンといえば、言わずと知れたフランスを代表する高級ブランドです。 その中でも王道と呼ばれるのが「モノグラム」「ダミエ」「ヴェルニ」「エピ」の4つのラインです。ここでは、この4つの王道ラインについて、ご紹介していきたいと

続きを読む

シャネル「マトラッセ」のバッグのお手入れ方法と保管方法のご紹介!

シャネル マトラッセ バッグ お手入れ方法 保管方法

「バッグを長持ちさせるためにお手入れ方法を知りたい!」 「バッグが劣化するのを防ぐために正しい保管方法を知りたい!」このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?そこで今回は、良い保存状態をキープするため、シャネルの中でも「マト

続きを読む

ルイ・ヴィトンの品質が高い理由について解説します!

ルイ・ヴィトン 品質 高い理由

高級ブランドと聞いてルイ・ヴィトンを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。ルイ・ヴィトンはその品質から、非常に人気のブランドです。そんなルイ・ヴィトンの製品について、品質が良いとは聞くけど実際よくわからない方もいらっしゃ

続きを読む

ルイ・ヴィトンの定番モデルやアイテムについて紹介します

ルイ・ヴィトンの定番モデルやアイテム

世界中で人気のファッションブランドであるルイ・ヴィトンですが、同じルイ・ヴィトンの中でも様々な種類の商品があります。生産が終了したものや限定のものなど様々なアイテムがありますが、今回はルイ・ヴィトンの中でも定番のモデルやアイ

続きを読む

コーチの歴史について

コーチ Coach 歴史 ヒストリー

1941年にニューヨーク・マンハッタンのソーホー地区にある倉庫スペースで創業した事がコーチのブランドとしての始まりです。マイルズ・カーンとリリアン・カーン夫妻と6人の職人によってブランドが設立され、創業当時はゲイルという社名で

続きを読む

サンローランの歴史について

サンローラン Saint Laurent 歴史 ヒストリー

1961年に、オートクチュールメゾンがとして誕生した事がサンローランのブランドとしての始まりです。創設者のイヴ・サンローランは、コンクールでの入賞がきっかけで1954年にディオールで仕事を始めます。1957年にクリスチャン・ディオール

続きを読む

ケリンググループについて

ケリンググループ Kering Group

数多くのラグジュアリーブランドを擁するケリンググループは2013年にフランスの実業家フランソワ・アンリ・ピノー(François-Henri Pinault)によってPPR(ピノー・プランタン・ルドゥート Pinault Printemps Redoute)から商号変更

続きを読む

リシュモングループについて

リシュモングループ Swatch Group

数多くのラグジュアリーブランドを擁するリシュモングループは1988年に南アフリカの実業家ヨハン・ルパート(Johann Rupert)によって設立されたコングロマリット(複合企業)です。4つの部門「ジュエリーメゾン」「スペシャリスト ウオッチメ

続きを読む

フェンディの歴史について

フェンディ Fendi 歴史 ヒストリー トップ

1925年、エドアルド・フェンディとアデーレ・フェンディ夫妻がイタリア・ローマに革製品と毛皮工房を併設したお店をオープンした事がフェンディのブランドとしての始まりです。1946年にフェンディ夫妻の長女パオラが手伝いを初め、その後に4人

続きを読む

クリスチャン・ディオールの歴史について

クリスチャン・ディオール Christian Dior 歴史 ヒストリー

1946年フランス・パリで第一号店となるオートクチュールブティックをオープンさせた事がクリスチャン・ディオールのブランドとしての始まりです。創業者のクリスチャン・ディオールは裕福な実業家の家に生まれます。政治学院で学びながら友人

続きを読む

LVMHグループについて

LVMHグループ Moet Hennessy Louis Vuitton

数多くのラグジュアリーブランドを擁するLVMHは、1987年に世界的高級ブランドで知られる「ルイ・ヴィトン社」とシャンパンやコニャックなどで有名な「モエ・へネシー社」の合併により設立されたコングロマリット(複合企業)です。6つのセク

続きを読む

ティファニーの歴史について

ティファニー Tiffany 歴史 ヒストリー

1837年チャールズ・ルイス・ティファニーとジョン・B・ヤングが文房具と装飾品の店としてニューヨークにオープンした事がティファニーのブランドとしての始まりです。1845年にアメリカで初めてメールオーダーのカタログを発行し、現在にもブル

続きを読む

世界のラグジュアリーブランドついて

世界のラグジュアリーブランド

LVMH (モエ・ヘネシー ルイ・ヴィトン Mot Hennessy Louis Vuitton)とは、フランス・パリを本拠地とするコングロマリット(複合企業)です。ルイ・ヴィトンやディオールなど多くのラグジュアリーブランドを擁するLVMHは、1987年に世界的高

続きを読む

ブルガリの歴史について

ブルガリ 歴史 ヒストリー

ブルガリの創業者はソティリオ・ブルガリという人物で、1857年にギリシャのエピルスという街で生まれます。ブルガリは、イタリア発祥のブランドになりますが創業者はギリシャ出身です。ソティリオが生まれ育ったエピルスは、昔から銀細工が盛

続きを読む

グッチの歴史について

グッチ 歴史 ヒストリー

グッチは、グッチオ・グッチが1921年フィレンツェで旅行バッグや馬具などの高級皮革製品店を創業した事からブランドは始まります。創業前にロンドンの高級ホテルであるサボイ・ホテルに勤務していたグッチは、英国貴族達に接する中で身に着

続きを読む

カルティエの歴史について

カルティエ 歴史 ヒストリー

カルティエは、1847年に宝飾師であるルイ・フランソワ・カルティエが28歳の時に創業したフランスのジュエリーブランドです。個人顧客を対象にヌーヴ・デ・プティ・シャン通り5番地にブティックを構えます。リシュモングループの傘下にあり、

続きを読む

シャネルの歴史について

シャネル 歴史 ヒストリー

1910年パリのカンボン通りにガブリエル・シャネル(ココ・シャネル)が、帽子店を開業した事がシャネルのブランドとしての始まりです。ブランド設立には、シャネルのデザイナーとしての才能と外見の美貌の美しさから、経済力に豊かな男性達に

続きを読む

シャネルのアクセサリー刻印について

シャネル アクセサリー 刻印

シャネルのイヤリング・ピアス・ネックレス・リングなどのアクセサリーには全てではありませんがシャネルのロゴや数字などの刻印や楕円形のプレートがあります。数字や刻印を見る事で作られた年代やコレクションなどが調べることができます。

続きを読む

エルメスの年間テーマについて

エルメス 年間テーマ

エルメスの年間テーマとは エルメス創業150周年の1987年以降、エルメスでは年間テーマが設定されるようになり、 そのテーマをモチーフとしたカデナが発売されたり(※2011年からカデナは発表されておりません)、スカーフのデザインにも反映

続きを読む

シャネルのブティックシールとリペアシールについて

シャネル ブティックシールとリペアシール

ブティックシールはシャネルの日本国内正規店で販売された製品にだけ付属するゴールドカラーのシールになり、海外販売店で販売された製品には付属しません。表示内容は、購入した日付を表す数字と購入した店舗を表すアルファベットになりま

続きを読む

ルイ・ヴィトンの歴史について

ルイ・ヴィトン 歴史 ヒストリー

ルイ・ヴィトンは、1821年8月4日にフランスの小さな町で生まれ、若干14歳と言う若さでファッションの聖地であるパリに行き、長い下積み生活を送ります。そして、世界で初めて旅行バッグの専門店として1854年からルイ・ヴィトンの歴史は始まり

続きを読む

エルメスの素材刻印について

エルメス 素材刻印

エルメスの素材刻印とは エルメスの製品は革素材として牛革・山羊・クロコダイル・リザードを使ったものがあります。 素材刻印と言われる、製品の革の素材を表す刻印もあり、ブランドロゴの近くに刻まれています。 ※あくまで参考程度にご覧くだ

続きを読む

エルメスの歴史について

エルメス 歴史 ヒストリー

1837年にティエリー・エルメスが高級馬具工房としてパリで創業した事がエルメスのブランドとしての始まりです。エルメスが手掛ける馬具は品質や性能が優れており、当時ナポレオン3世やロシア皇帝にエルメスは愛用されており、大変愛され繁盛し

続きを読む

シャネルのシリアルナンバーについて

シャネル シリアルナンバー ギャランティーカード

シャネルのバッグや財布などには、1つ1つ個別に与えられたシリアルナンバー(製造番号)があります。シリアルナンバーでおおよその製造年を調べることができます。シリアルナンバーはギャランティー(保証書)に記載されており、製品の内側にも

続きを読む

ルイ・ヴィトンの製造番号(シリアルナンバー)について

ルイ・ヴィトン 製造番号

ルイ・ヴィトンの製品には、1980年から製造番号(シリアルナンバー)が刻印され始めました。1985年以降は製造時期だけでなく、製造工場(国)まで確認ができます。製造番号は製品のどこかに刻印されており、製品によっては見つけにくい

続きを読む

エルメスの製造刻印について

エルメス 製造刻印

製造刻印は1年ごとに変更され、年によって四角や丸などの記号が足されています。製品によっても刻印の場所は様々で、製造年号によっての変更もあります。職人やアトリエを表す刻印はアルファベットのみや、数字や+などの記号が入っているもの

続きを読む
ブランド時計情報

ロレックスは保証書なしでも買取可能!コマ・箱・タグなど紛失付属品ごとに売却時の減額の目安をご紹介

ロレックスは保証書などの付属品がなくても買取可能

資産価値の高いロレックスは、使用済みの中古品でも高価買取してもらいやすいブランド時計です。時計だけでも買取は可能ですが、保証書や箱などの付属品を一緒に査定してもらうと、より高い価格がつく可能性があります。とはいえ、なかには

続きを読む

高価査定となるブランド時計とは?鑑定ポイントと保管方法

高価査定となるブランド時計とは?鑑定ポイントと保管方法のコツ

愛用してきた高級時計を買取に出すときは、できるだけ高い査定額をつけてほしいものですよね。ブランド時計は高価買取が目指せる一方で、保管方法や使用方法が少し違うだけで査定額が大きく変わってしまうアイテムです。今回は、ブランド時計

続きを読む

オーバーホールしていない時計の買い取りの基準とは?

オーバーホールしていない時計の買い取りの基準とは

長年愛用してきた時計を査定に出すときに、オーバーホールするかどうかで悩む人は多いかもしれません。内部までメンテナンスできるオーバーホールを定期的に行っておくと、売却するときに査定額が上がる可能性があります。しかし、オーバー

続きを読む

今高く売れるブランド時計10選!高価査定モデル

今高く売れるブランド時計10選 高価査定モデル

一般的に高級ブランドと呼ばれる時計は、中古であっても高い値段で取引される資産価値の高いアイテムです。今回は、今高く買い取ってもらえるブランド時計を徹底的に紹介していきます。これから紹介する時計を持っていて使う機会がないという

続きを読む

ブルガリの時計について

ブルガリの時計

ブルガリ(BVLGARI)は、1884年にイタリア・ローマで創業した名門ブランドです。宝飾品店としてスタートしたブルガリは、世界5大ジュエラーのひとつに数えられています。ジュエラーとしてだけではなく、時計でも有名なブルガリ。時計の本場

続きを読む

ブランド時計オメガ高価買取のための保管方法

ブランド時計オメガ高価買取のための保管方法

ロレックスに次ぐ知名度を誇るオメガは、時計業界でもトップクラスの人気を誇り、高い買取価格が実現しやすいブランド時計です。ただし、より高額でオメガを買い取ってもらうためには、正しい保管方法で品質を維持することが非常に大切です。

続きを読む

ロレックス「デイトナ・GMTマスターII・サブマリーナ・エクスプローラー」の高価買取のポイント

ロレックス「デイトナ・GMTマスターII・サブマリーナ・エクスプローラー」の高価買取のポイント

高い品質と圧倒的な知名度を誇る高級時計のロレックス。とくに、「デイトナ・GMTマスターII・サブマリーナ・エクスプローラー」は人気モデルであり高値買取が叶いやすいため、持っている場合は一度査定に出してみてはいかがでしょうか。今回

続きを読む

ウブロの歴史について

ウブロ Hublot 歴史 ヒストリー トップ

ウブロ(HUBLOT)は、1980年スイスのニヨンにて創業した高級時計ブランドです。創業者はイタリア人のカルロ・クロッコ(Carlo Crocco )で、スイスの伝統的な時計技術とイタリアンな斬新なデザインを融合させたコレクションががファッション

続きを読む

ロレックスの買取価格相場の推移 シリーズ・モデルごとの傾向

ロレックスの買取価格相場の推移 シリーズ・モデルごとの傾向

中古であってもしっかりと査定額が出ると言われているロレックスですが、モデルによって買取相場は異なります。ご自身が持っているモデルの値段が上がっているのか下がっているのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。今回は、

続きを読む

ゼニスの歴史について

ゼニス Zenith 歴史 ヒストリー トップ

ゼニス(ZENITH)は、1865年にスイスのル・ロックルにて創業した高級時計ブランドです。創業者は当時22歳のジョルジュ・ファーブル・ジャコ(Georges Favre-Jacot )で、スイスで初めてのムーブメントまで自社製造するマニュファクチュール

続きを読む

パネライの歴史について

パネライ Panerai 歴史 ヒストリー トップ

パネライ(PANERAI)は1860年にイタリア・フィレンツェにてジョバンニ・パネライ(Giovanni Panerai )が創業した高級時計ブランドです。創業当初は、時計の販売や修理、光学機器類の制作をおこなう精密機器メーカーとして知られていましたが

続きを読む

カルティエの時計について

カルティエの時計

「カルティエ(Cartier)」は、老舗時計ブランドです。カルティエは、1888年に女性用の宝飾腕時計を製作し、1904年には男性用腕時計を製作しました。男性用腕時計は、懐中時計が主流の時代に、「飛行機の操縦中、時間を確認したい」という

続きを読む

ショパールの歴史について

ショパール Chopard 歴史 ヒストリー トップ

ショパール(Chopard)は、1860年にスイスにて創業した高級時計ブランドです。創業者のルイ・ユリス・ショパール(Louis-Ulysse Chopard )は、若くても精度が高く壊れづらい時計を作ると、その才能が高く評価されていました。ショパールが作

続きを読む

シチズンの歴史について

シチズン Citizen 歴史 ヒストリー トップ

シチズン(CITIZEN)は、1918年に山崎亀吉が創業した日本の時計ブランドです。尚工舎時計研究所として創業したシチズンは1924年に第一号となる懐中時計を発売し、1930年に社名をシチズン時計株式会社に変更しています。1958年に国産初のベル

続きを読む

IWC インターナショナル・ウォッチ・カンパニーの歴史について

IWC アイ・ダブリュー・シー International Watch Company 歴史 ヒストリー トップ

IWC アイ・ダブリュー・シー(International Watch Companyインターナショナル・ウォッチ・カンパニー)は、1868年にスイスのシャフハウゼンにて創業した高級時計ブランドです。創業者はアメリカ出身の時計職人フロレンタイン・アリオ

続きを読む

フランク・ミュラーの歴史について

フランク・ミュラー Franck Muller 歴史 ヒストリー トップ

フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)は、1992年にスイス・ジュネーブにて創業した高級時計ブランドです。創業者は天才時計師と呼ばれたフランク・ミュラーです。ブランドを設立する以前の1986年、フランク・ミュラーは数人の時計師と

続きを読む

A.ランゲ&ゾーネの歴史について

A.ランゲ&ゾーネ A.Lange Sohne 歴史 ヒストリー トップ

A.ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)は、ドイツの最高級時計ブランドです。創業者はドイツの著名時計職人にもとで時計づくりを学び、ザクセン時計産業の礎を築いたフェルナンド・アドルフ・ランゲ(Ferdinand Adolph Lange)です。

続きを読む

ブレゲの歴史について

ブレゲ Breguet 歴史 ヒストリー トップ

1775年フランス・パリのシテ島に時計職人のアブラアン・ルイ・ブレゲが自らの時計工房を創業した事が、世界5大時計ブランドと知られるブレゲのブランドとしての始まりです。フランス革命以前から現代まで続く老舗時計ブランドとし有名なブレゲ

続きを読む

レーシングモデルとして誕生した!タグ・ホイヤー「フォーミュラ1」とは?

タグ・ホイヤー フォーミュラ1

タグ・ホイヤーはスイスが誇る高級時計ブランドです。中でも、精巧でインパクトのある、「フォーミュラ1」のデザインに魅了される男性は多いことでしょう。フォーミュラ1にはどんな魅力があるのでしょうか。数々の有名スポーツ選手にも愛用さ

続きを読む

オリンピックの公式時計にも採用!オメガ「コンステレーション」とは?

オメガ コンステレーション

オリンピックの公式時計にも採用され、最上級の時計ブランドとして支持を集めるオメガ。そのオメガが展開するモデルの中でも、星のように存在感を放つモデルが「コンステレーション」です。英語で「星座」を意味するこのモデルは、4本の爪とダ

続きを読む

高い防水性能を誇るタグ・ホイヤー唯一のダイバーズライン!アクアレーサーとは?

タグ・ホイヤー アクアレーサー

タグ・ホイヤーには、リーズナブルなモデルがラインナップされていますが、アクアレーサーもその中の1つです。そのため、タグ・ホイヤーは、初めてブランド時計を持つ人におすすめです。タグ・ホイヤーの時計は低価格でも、時計のデザインと

続きを読む

発売から50年以上!オメガ「デ・ヴィル」とは?

オメガ デ・ヴィル

オメガの中でも上品なフォルムが人気のデ・ヴィルは、発売から50年以上ロングセラーを続けています。シーマスターやスピードマスターほどの知名度はありませんが、これほどのロングセラーは珍しいでしょう。デ・ヴィルにはどのような歴史があ

続きを読む

世界中のドライバーから絶賛された!タグ・ホイヤー「カレラ」とは?

タグ・ホイヤー カレラ

タグ・ホイヤー「カレラ」は、1963年に発売された脚長ラグが特徴のモデルです。自社製クロノグラフムーブメントのキャリバー1887を搭載し、マイナーチェンジを繰り返しながら、現在まで続いているロングセラーです。カレラとはスペイン語で

続きを読む

NASAの公式装備品として月面着陸に携えられた時計!オメガ「スピードマスター」とは?

NASAの公式装備品として月面着陸に携えられた時計!オメガ「スピードマスター」

オメガはロレックスと同様に、世界中で人気のある高級時計ブランドです。オメガの中でもスピードマスターは定番商品です。バリエーションが豊富で60年以上にわたって多くの愛好家を魅了してきました。オメガファンは、スピードマスターのどこ

続きを読む

オメガシリーズの中で優れた実用性!オメガ「シーマスター」とは?

オメガシリーズの中で優れた実用性!オメガ「シーマスター」

オメガシーマスターは、スイスの高級腕時計メーカーのオメガを代表するダイバーズウォッチです。シーマスターは、NASAに制式採用された公式時計のスピードマスターと並んで、オメガが世界に誇るラインナップです。この記事では、シーマスタ

続きを読む

歴史があるモデル!ロレックス「エアキング」とは?

歴史があるモデル!ロレックス「エアキング」とは

ロレックス エアキングは、ロレックスの歴史を語る上で欠かせないアイテムです。1940年代に販売開始以来、ロレックスのラインナップの中で一番歴史のあるモデルとなっています。ロレックスマニアをはじめ、高級時計愛用者の中に熱狂的なファ

続きを読む

時計業界を代表する耐磁時計!ロレックス「ミルガウス」とは?

時計業界を代表する耐磁時計!ロレックス「ミルガウス」

ミルガウスは、ロレックスのモデルの中でも磁気に強い時計です。しかし、ミルガウスの特徴はこれだけではありません。実は、ミルガウスはロレックスの中でも変わり種と呼ばれているのです。耐磁性があるので普通の時計と違うのは確かですが、

続きを読む

2012年に発売!ロレックス「スカイドゥエラー」とは?

2012年に発売!ロレックス「スカイドゥエラー」

2012年に発売されたロレックススカイドゥエラーは、世界を旅する旅行者のために作られた腕時計です。スポーツタイプなのに、デイトナやGMTマスターII、サブマリーナなどとは少し異色なラインナップで、発売当初は人気が出ませんでしたが、

続きを読む

世界中の時計愛好家が使用!ロレックスヨットマスターとは?

世界中の時計愛好家が使用!ロレックスヨットマスター

ロレックスといえばダイバーズウウォッチが有名ですが、ヨットクルーザーのために開発された、ヨットマスターシリーズも人気です。ヨットマスターは、ダイバーズウォッチとはまた違ったフォルムが人気で、多くの愛好家がいます。デイトナやサ

続きを読む

ロレックス「エクスプローラーⅡ」の魅力からモデルをご紹介

ロレックス「エクスプローラーⅡ」の魅力からモデルをご紹介

数あるロレックスのラインナップの中でも、エクスプローラーは断トツで人気がある腕時計です。これほどまでに、多くのファンに好まれるエクスプローラーⅡの魅力とは何でしょうか。エクスプローラーⅡの魅力と特徴を解説し、現行モデルもご紹

続きを読む

ロレックスの定番アイテム!シードゥエラーをご紹介!

ロレックスの定番アイテム!シードゥエラーをご紹介

ロレックスシードゥエラーは、サブマリーナと同様にダイバーズウォッチの定番として高い評価を受けています。ヘリウムガスエスケープバルブを搭載し、深海潜水では3,900mもの防水性能があるため、本格的なダイバーズウォッチとしての性能を有

続きを読む

ロレックス「GMTマスターⅡ」魅力をご紹介

ロレックス「GMTマスターⅡ」魅力をご紹介

ロレックスは持つだけでステータスがワンランク上がると言われる、世界的な高級ブランド時計です。そのロレックスの中でも、特に人気が高いのがGMTマスターⅡです。防水性能の高いGMTマスターⅡには、数々の優れた特徴があります。ここでは

続きを読む

ロレック スエクスプローラーの魅力から特徴までをご紹介

ロレックスエクスプローラーの魅力から特徴までをご紹介

ロレックスエクスプローラーは、探検家のために作られた腕時計として知られています。ロレックスファンはもちろん、スポーツタイプの腕時計を愛用する人にも、広く使われているモデルです。1953年にロレックスがエベレスト登頂の公式スポンサ

続きを読む

ロレックス デイトナって本当に良いの?魅力をご紹介!!

ロレックス デイトナって本当に良いの?魅力をご紹介

ロレックスは、言わずと知れた時計の王様的なブランドです。その中でも「コスモグラフ デイトナ」は、多くの人に愛用されている最高機種です。ロレックスデイトナとはどのような時計なのでしょうか。この記事ではロレックスデイトナの魅力につ

続きを読む

ロレックス サブマリーナの魅力や特徴とは?

ロレックス サブマリーナ 魅力 特徴

ロレックス サブマリーナデイトは、ダイバーズウォッチの定番です。 別に海に潜らなくても、サブマリーナを愛用している人は数多くいて、街角でも着けている人をよく見かけます。ロレックス サブマリーナデイトとはどんな時計なのか、多くの人に

続きを読む

ロレックスの人気モデルについて誕生の経緯などご紹介します

ロレックスの人気モデルについて誕生の経緯などご紹介

ここからはロレックスの4つの人気モデルについて、人気の理由と誕生の経緯など紹介します。 1つ目はロレックスで初めてスポールモデルとして作られた「エクスプローラー」シリーズです。 エクスプローラーは「探検家」という意味があり、ロレック

続きを読む

ロレックスの精度とは?他社モデルとの比較を含め解説します

ロレックス 精度 他社モデル 比較

「ロレックスの時計は精度が良いと聞くけど、他の時計と比べるとどうなのだろう?」このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?その精度と信頼性から世界的な信頼を得ているロレックスですが、実際にはどれほど良いか気になりますよね。今

続きを読む

傷のあるロレックスは買取取引されるのか?傷の影響はどれくらい?

傷のあるロレックスは買取取引されるのか

高級腕時計ブランドであるロレックスにはシリーズによってはリセールバリューの高さが期待できる場合もあります。ただ、アイテムの状態やその当時の市場状況にも異なるため、一概には言えません。ご自身のロレックスの価値はどれくらいなの

続きを読む

ロレックスの寿命とは?長持ちさせるメンテナンス法について解説します

ロレックス ROLEX オーバーホール メンテナンス

世界で最も有名な腕時計の一つであるロレックスですが、その寿命について知っていますか?多くの時計ファンに愛されているロレックスですが、物には寿命が存在します。しかし、日常的な手入れだけでは、劣化を防ぐのは難しいでしょう。そこで

続きを読む

バーゼルワールド2019で発表されたロレックスの新作について紹介します

ロレックス ROLEX 2019バーゼルワールド

今回発表された新作のGMTマスターⅡである「126710BLNR」には、「Cal.3285」という新作のムーブメントが搭載されました。近年ロレックスは続々と新型のムーブメントを搭載してきました。2019年の新作で搭載した「Cal.3285」は、パワーリ

続きを読む

オーデマ・ピゲの歴史について

オーデマ・ピゲ Audemars Piguet 歴史 ヒストリー トップ

パテックフィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンととも「世界三大腕時計ブランド」と呼ばれているオーデマ・ピゲ(AUDEMARS PIGUET)は、1875年にジュール・ルイ・オーデマ(Jules-Louis Audemars)とエドワール・オーギュ

続きを読む

ヴァシュロン・コンスタンタンの歴史について

ヴァシュロン・コンスタンタン Vacheron Constan 歴史 ヒストリー

パテックフィリップ、オーデマ・ピゲととも「世界三大腕時計ブランド」と呼ばれているヴァシュロン・コンスタンタンは、1755年スイス・ジュネーヴにて、時計職人のジャン・マルク・ヴァシュロンによって時計工房が開かれた事がヴァシュロ

続きを読む

パテック・フィリップの歴史について

パテック・フィリップ Patek Philippe 歴史 ヒストリー トップ

ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲととも「世界三大腕時計ブランド」と呼ばれているパテックフィリップは、1839年スイスにて、ポートランド生まれのアントワーヌ・ノルベール・ド・パテックとフランソワ・チャペックが時計工房

続きを読む

カシオの歴史について

カシオ Casio 歴史 ヒストリー トップ

1946年、樫尾忠雄が東京都三鷹市に樫尾製作所を設立した事がカシオのブランドとしての始まりです。設立当初は顕微鏡などを作る下請け工場としてスタートし、1954年に小型純電気式(ソレノイド式)の計算機を自社で完成させ、1957年に世界初の

続きを読む

セイコーの歴史について

セイコー Seiko 歴史 ヒストリー トップ

1881年、服部金太郎が服部時計店を創業した事がセイコーのブランドとしての始まりです。創業当初は主に中古時計の修理し売り出す事業でスタートし、その後日本で初めてとなる機械式腕時計「ローレル」を1913年に製品化します。1956年には国産

続きを読む

スウォッチグループについて

スウォッチグループ Swatch Group

数多くのウォッチブランドを擁するスウォッチグループは1983年にスイスのニコラス・G・ハイエック(Nicolas George Hayek)によって設立されました。6つの部門「ウォッチ&ジュエリー」「プロダクション」「エレクトロニックシステム」

続きを読む

ブライトリングの歴史について

ブライトリング 歴史 ヒストリー

ブライトリング(Breitling Montres S.A. )の創業は1884年で、レオン・ブライトリング(Leon Breitling )が精密機器を製造する「G. レオン・ブライトリング」を設立した事から始まります。1915年には二代目のガストンが世界初の腕時計クロノグラ

続きを読む

世界のウォッチブランドついて

世界のウォッチブランド

現在の高級ウォッチ業界には「スウォッチ」「LVMH」「リシュモン」の3大グループや、「ケリング」「WPHH」「独立時計師アカデミーの「AHCI」などのグループがあります。どのブランドグループにも属さず、独立ブランドとして展開して

続きを読む

タグ・ホイヤーの歴史について

タグ・ホイヤー 歴史 ヒストリー

タグ・ホイヤーは、腕時計として個の光るオリジナリティーが際立つデザインが特徴で、高品質な腕時計ブランドとして有名です。1860年にエドワード・ホイヤーがスイスのサンティミエで創業した事からタグ・ホイヤーの歴史は始まります。1985年

続きを読む

フランク・ミュラーのリファレンスナンバーについて

フランクミュラー リファレンスナンバー

フランクミュラーの時計には、モデルごとのリファレンスナンバー(型番)があります。一般的にリファレンスナンバーと呼ばれる型番の表記が、フランク・ミュラーでは「Product No.」と表記されています。型番からは「ケースサイズ」

続きを読む

ロレックスのクラスプコードについて

ロレックス クラスプコード

ロレックスのクラスプには、製造年を表すクラスプコードの刻印があります。2010年以前のロレックスであれば、クラスプコードでおおよその製造年を調べることができます。多少のズレがあり、シリアルナンバーとの年代が合わなくても問題ありませ

続きを読む

腕時計のボタン・コイン電池 互換 対応表

腕時計 ボタン・コイン電池 互換表

腕時計用(クォーツ時計)の電池は日本工業規格(JIS)や国際規格(IEC)で定められた型番がありますが、メーカーにより型番が異なることがあります。互換表(対応表)で確認することによって海外メーカーの電池が日本のメーカーではどの型

続きを読む

オメガの歴史について

オメガ 歴史 ヒストリー

オメガは昔から日本で親しまれて来たスイス時計を代表するブランドです。ブランドの創業は1848年で、時計師ルイ・ブランがスイスの時計産業の地として有名なジュラ山脈のラ・ショー・ド・フォンに時計工房を創設します。その後1880年、現在

続きを読む

ロレックスのクライアントコード(出荷国番号)について

ロレックスのギャランティー(保証書)には、3桁のクライアントコード(出荷国番号)が記載されています。クライアントコードからどの国(地域)の正規店で最初に出荷されたものか識別できます。古い番号で現在は使用されていないものや、変

続きを読む

ロレックスの歴史について

ロレックス 歴史 ヒストリー

1905年にハンス・ウィルスドルフによって、ウィルスドルフ&デイビス社を創業した事がロレックスの始まりです。当時、懐中時計が主だった時代に将来性を予想して、事務所をスイスのラ・ショー・ド・フォンに移転し、1907年から本格的にロレック

続きを読む

オメガの旧リファレンスナンバーについて

オメガ 旧リファレンスナンバー

オメガの時計には、モデルごとのリファレンスナンバー(型番)があります。旧モデルは6桁か8桁のリファレンスナンバーを使用していました。リファレンスナンバーからはコレクションや文字盤色などが確認できます。現在は14桁のリファレンス

続きを読む

オメガのリファレンスナンバーについて

オメガ リファレンスナンバー

オメガの時計には、モデルごとのリファレンスナンバー(型番)があります。14桁のリファレンスナンバーになり、6ブロックに分けて判別します。リファレンスナンバーからはコレクションや文字盤のカラーなどが確認できます。旧モデルは6桁か8桁

続きを読む

ロレックスのシリアルナンバーについて

ロレックス シリアルナンバー

ロレックスの時計には、1つ1つ個別に与えられたシリアルナンバー(製造番号)があります。2010年以前のロレックスであれば、シリアルナンバーでおおよその製造年を調べることができます。シリアルナンバーはギャランティー(保証書)に記載され

続きを読む

ロレックスのリファレンスナンバーについて

ロレックス リファレンスナンバー

ロレックスの時計には、モデルごとのリファレンスナンバー(型番)があります。古いものが4桁で桁が増えるにつれて新しい年式のモデルとなり、現在は6桁のリファレンスナンバーになります。リファレンスナンバーからはモデルだけでなく、ベゼル

続きを読む
ジュエリー情報

売れる貴金属の高価査定条件とは?査定基準と業者選びのポイント

売れる貴金属の高価査定条件とは?査定基準と業者選びのポイント

実物資産としての価値が高い金やプラチナは、高価買取してもらいやすい貴金属です。大切な資産を売りに出すのですから、査定ではできるだけ高い値段をつけてもらいたいですよね。そもそも、貴金属はどのように査定されているのでしょうか。

続きを読む

高価買取りのための宝石・ジュエリーの保管方法!収納時と使用時の注意点

高価買取りのための宝石・ジュエリーの保管方法 収納時と使用時の注意点

使わない宝石・ジュエリーをしまっておくのはもったいないので、買取に出して必要としている人に有効活用して欲しいと考える人は多いかもしれません。せっかく買取に出すのであれば、できるだけ高額査定を実現したいですよね。宝石は、保管

続きを読む

買取実績からみるゴールドの高価査定のポイント!

買取実績からみるゴールドの高価査定のポイントとは?

資産価値が高いゴールドは、実物資産の需要増加により年々買取価格が高騰傾向にあります。せっかくゴールドを売るのであれば、買取価格高騰の恩恵を受けて、できるだけ高価査定を実現したいと考える人は多いでしょう。今回は大蔵屋の買取実績

続きを読む

宝石の硬度 モース硬度 ビッカース硬度 ヌープ硬度について

宝石の硬度 モース硬度 ビッカース硬度 ヌープ硬度

宝石の硬さ(硬度)を表すものとして、「モース硬度」「ビッカース硬度」「ヌープ硬度」などがあります。ビッカース硬度は、検査石に荷重を加えて、できた正方形のくぼみの深さで硬度を測定します。モース硬度は、検査石がどの鉱物で傷がつ

続きを読む

宝石 カットの種類 ファセット カボションについて

宝石 カットの種類 ファセットカット カボションカット

宝石の耀きを最大限に引き出すために、様々なカットの種類があります。デザインや石の特性に合わせてカットを変え、宝石の魅力を可能な限りで生かすように工夫されています。宝石の代表的なカット方法に、ファセットカットとカボションカッ

続きを読む

貴金属製品のホールマーク(品位証明の刻印)について

貴金属製品のホールマーク 品位証明の刻印 造幣局

品位を証明する刻印は、ホールマークや、純分認証極印(じゅんぶんにんしょうごくいん)と呼ばれ、各国の造幣局や国の機関、指定を受けた業者がプラチナ、金、銀等の貴金属で作られた製品を厳しい検査を行い、認められた製品にだけに刻印さ

続きを読む

グッドデリバリーバー 国際ブランドについて

公式国際ブランド グッドデリバリーバー Good Delivery Bars

グッドデリバリーバー(Good Delivery Bars)とは、世界の金地金の基準となるLBMA(ロンドン地金市場協会 London Bullion Market Association)の厳しい基準に合格した認定ブランドのことです。プラチナ・パラジウムでは、LPPM(ロ

続きを読む

日本や海外の指輪(リング)のサイズ表記について

日本や海外の指輪 サイズ表記

指輪のサイズの表記は、国によって異なっていて、日本では一般的に普及しているJCS規格と、新しく2002年から実施されているJIS規格の2種類が主な表記になります。各国の表記の違いを、ISO(国際標準化機構International Organization for

続きを読む

星座石と干支石について

星座石 干支石

星座石について 十二星座には星座石と呼ばれる宝石が決められていて、守護石とも呼ばれています。守護石(メインストーン)と副守護石(サブストーン)を一緒に身につけることで宝石の持つ力が強化されると言われています。※あくまで参考程度

続きを読む

日本や世界の誕生石について

日本や世界の誕生石

誕生石(たんじょうせき)とは生まれた月を象徴する宝石のことです。それぞれの誕生石には意味があり、身に着けていると宝石の持つ力が幸運をまねくと信じられています。誕生石の由来は諸説ありますが、旧約聖書の「エジプト記」イスラエルの

続きを読む

貴金属のメッキ 鍍金刻印について

貴金属のメッキ 鍍金刻印

メッキ(鍍金)には様々な種類と刻印があり、メッキ製品は幅広く製造されています。メッキとは、ある金属製品の表面を別の金属でコーティングしたものになり、古くから使われています。金箔を接着剤で被せる金着せや、金が水銀に溶けることを

続きを読む

ダイヤモンドの4Cと蛍光性について

ダイヤモンド 4C

ダイヤモンドの4Cについて ダイヤモンドの品質を表す4つの要素、カラット(Carat = 重量)、カラー(Color = 色)、クラリティ(Clarity = 透明度)、カット(Cut = プロポーション)で構成される『品質評価国際基準』の頭文字から『4C』と呼ばれ

続きを読む

貴金属の素材刻印について

貴金属 素材刻印

貴金属の素材刻印は、指輪やネックレスなどの製品に打たれている、製品の品位を示すマークです。品位はJIS(日本工業規格)やISO(国際標準規格)により純度を千分率で表すことになっていますが、金については24分率のカラット(Karat)で表す習慣が

続きを読む