ルイ・ヴィトン 高価買取アイテム

ジャイアントモノグラム オンザゴーMM M45321

大蔵屋だからこそ!高価買取できる5つのポイント

1

実績を活かした国内外
の豊富な流通ルート

2

専門知識を持った
ベテラン鑑定士が査定

3

品物の付加価値も
見逃さない

4

中古品や廃番品でも
査定可能

5

リユース営業士&
遺品査定士が常駐

ルイ・ヴィトン 買取相場

モノグラム

参考価格178,000
A社116,000
B社125,000
大蔵屋 買取価格
〜 142,400
参考価格186,000
A社121,000
B社130,000
大蔵屋 買取価格
〜 148,800

モノグラム・エクリプス

参考価格205,000
A社133,000
B社144,000
大蔵屋 買取価格
〜 164,000
参考価格166,000
A社108,000
B社116,000
大蔵屋 買取価格
〜 132,800

ダミエ・エベヌ

参考価格178,000
A社116,000
B社125,000
大蔵屋 買取価格
〜 142,400
参考価格186,000
A社121,000
B社130,000
大蔵屋 買取価格
〜 148,800

ダミエ・アズール

参考価格186,000
A社121,000
B社130,000
大蔵屋 買取価格
〜 148,800
参考価格249,000
A社162,000
B社174,000
大蔵屋 買取価格
〜 199,200

ダミエ・グラフィット

参考価格166,000
A社108,000
B社116,000
大蔵屋 買取価格
〜 132,800
参考価格184,000
A社120,000
B社129,000
大蔵屋 買取価格
〜 147,200

ダメージのあるルイ・ヴィトンでも査定可能です

ルイ・ヴィトンにダメージがあっても、弊社基準を満たしていれば買取りさせていただきます。傷や汚れがあるバック、イニシャルの入った財布、デザインが古いなどのブランド品も喜んで買取りさせていただきます。ぜひお気軽にご利用ください。※リユースできないダメージの品物で査定ができない場合がございます。

ルイ・ヴィトンの歴史

ルイ・ヴィトン 歴史 ヒストリー
ルイ・ヴィトン 歴史 ヒストリー

ルイ・ヴィトンは、1821年8月4日にフランス東部のアンシェイ村で生まれ、若干14歳と言う若さでファッションの聖地であるパリに行き、長い下積み生活を送ります。そして、フランス王室から注文を受けるほどの一流の職人となっていたルイ・ヴィトンは、世界で初めて旅行バッグの専門店として1854年からルイ・ヴィトンの歴史は始まります。現在のルイ・ヴィトンは、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループを代表するブランドとなっており、自身の人生の旅からインスピレーションを得て作られたトランクは、旅行者の間で瞬く間に人気商品となります。しかし、ルイ・ヴィトンが世間の人々に大きく評価されるようになったのは、ルイ・ヴィトンの息子であるジョルジュ・ヴィトンの世代からとなっています。ジョルジュ・ヴィトンは、現在ルイ・ヴィトンのブランドデザインの代表格であるベージュと茶褐色のチェス盤にルイ・ヴィトンのブランドロゴが入ったダミエ・キャンバスを発表し、それが大ヒット商品になります。ブランドの伝統と現代の斬新なデザインをミックスした新しいデザインは、新たな風をブランド業界に送り込むと共に、沢山の人々を魅了するブランドとして愛されています。

ブランド品を高く売るポイント

その1 使わないなら早めに売る

ブランド品を高く売るポイント 使わないなら早めに売る

ブランド品の買取価格はトレンドで大きく左右されます。ブランド品の多くが、デザインが古くなると買取相場が下がっていき、できるだけ早く売却したほうが、高額査定が期待できます。

その2 売る前に汚れを落とす

ブランド品を高く売るポイント 売る前に汚れを落とす

使用感でブランド品の買取価格は大きく変わります。新品に近い状態であれば高額査定になり、使用感が増すことで買取価格は下がっていきます。簡単に落ちるような汚れは落としたり、気になる臭いを消臭することが高額査定につながります。

その3 購入時の付属品を持ち込む

ブランド品を高く売るポイント購入時の付属品を持ち込む

ブランド品の買取りでは、購入時の付属品が全て揃っていることが理想です。もちろんブランド品のみでも査定は可能ですが、保証書(ギャランティカード)・保存箱・保存袋・説明書などの付属品の有無が高額査定の大切なポイントです。付属品が手元に残っているようでしたら、ぜひ一緒にお持ちください。
※保証書が必要な品物もございます。

ブランド品のお手入れポイント

日頃のお手入れ

大切にしている高級ブランド品を長く愛用するためには、日頃からお手入れや保管場所が重要です。 使用後には汚れを落としてから保管しましょう。 外側の汚れを乾いた柔らかい布を使ってやさしく拭き取ります。 内側の四隅に溜まったホコリや小さなゴミは掃除機やガムテープなどで取り除きます。 型崩れやニオイが付くのを防ぐために、中を空にしてから印刷されていない薄用紙などで形を整えて保管します。

ブランド品の保管方法

高級ブランド品の多くはヨーロッパの気候に合わせて作られています。 高温多湿の日本では湿気対策が保管の重要なポイントとなります。 湿気対策に乾燥材を入れておくのは有効ですが、 乾燥剤を大量に入れてしまうと革の水分を吸い取ってしまい、革の痛みの原因となってしまいます。 タンスやクローゼットに収納する際には空気まわりのよい上段部分での保管をおすすめします。 複数並べて収納する場合には、密集させずに適度な間隔とって保管してください。

素材別のお手入れ方法

大切にしている高級ブランド品を長く愛用するためには、日頃からお手入れや保管場所が重要です。 使用後には汚れを落としてから保管しましょう。 外側の汚れを乾いた柔らかい布を使ってやさしく拭き取ります。 内側の四隅に溜まったホコリや小さなゴミは掃除機やガムテープなどで取り除きます。 型崩れやニオイが付くのを防ぐために、中を空にしてから印刷されていない薄紙などで形を整えて保管します。

レザー・本革

レザーは水に弱いので、日頃のケアは柔らかい布を使って乾拭きしましょう。 硬い布を使うと傷がついてしまう可能性があるため注意が必要です。 汚れてしまった場合はまず柔らかい布で乾拭きし、本革専用クリーナーで汚れを落とし、最後に革用クリームを薄く手早く伸ばしてケアします。

合成皮革

軽く濡らし柔らかい布で、表面を拭きとることで軽い汚れは取り除くことができます。 頑固な汚れのには、合成皮革専用クリーナーや消しゴムを使うと落とせる場合があります。

キャンバス・化学繊維

キャンバスはお手入れしやすいのが特徴で、ぬるま湯で濡らした布を絞り、叩き拭きをしてケアします。 部分的な汚れには、専用クリーナーや消しゴムを使うと落とせる場合があります。 全体が化学繊維の場合は水洗いができ、専門店へクリーニングに出すことも可能です。

エナメル

エナメルは指紋や汚れが目立ちやすい素材ですので、お手入れのときは綿の手袋をしてお手入れしましょう。 お手入れは柔らかい布で乾拭きしてホコリを落とした後に、湿らせた布で汚れた箇所を叩き拭きをしてケアします。 エナメル線用のクリーナーでお手入れをすると、ツヤが出て綺麗に仕上がります。

スエード・起毛革

お手入れには専用のナイロンや毛でできたブラシで毛並みを整えます。 毛並みに沿ってブラッシングをして汚れやホコリをしっかりとを取り除きます。 汚れが気になる場合は毛を逆立てた後に専用クリーナーを使うと落とせる場合があります。

金具

金具は使用していくと酸化(サビや変色)や、汚れが付着します。 酸化した部分を専用の金属磨き剤を、綿棒や柔らかい布につけて磨いた後に、柔らかいキレイな布で拭き取ります。

取扱いできないブランド品

  • コピーなど基準外品と疑われる品
  • リユースできないダメージの品
  • 純正部品以外で修理された品
  • 盗品の可能性があると考えられる品

ルイ・ヴィトン買取りに必要なものは?

質預かりに必要なものは?

初めてのお取引時には、本人確認書類(運転免許証・保険証・パスポート等)が必要になります。 ※18歳未満(高校生を含む)の方はご利用できませんのでご了承ください。 品物の箱・説明書・鑑定書・鑑別証・保証書などの付属品がありましたらぜひご持参ください。

ライセンス

リユース営業士・遺品整理士・遺品査定士の資格取得

お客様の大切な品物を適正に査定するため、そしてお客様に正しい知識を提供するため、大蔵屋には一般社団法人日本リユース業協会が定める「リユース営業士」と、一般社団法人遺品整理士認定業協会が定める「遺品整理士」「遺品査定士」の資格を持つスタッフが常駐しております。

  • 一般社団法人日本リユース業協会「リユース営業士」9wgt-nztt-ajy8
  • 一般社団法人遺品整理士認定協会「遺品整理士」 1S11081
  • 一般社団法人遺品整理士認定協会「遺品査定士」 AM01857