オーデマ・ピゲの歴史

世界的に愛されるオーデマ・ピゲのブランド歴史について

オーデマ・ピゲは、現在高級時計メーカーとして世界的に有名なブランドです。ここでは、世界的に愛される格式高いオーデマ・ピゲの歴史をご紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。
オーデマ・ピゲ Audemars Piguet 歴史 ヒストリー ジュール・ルイ・オーデマ エドワール・オーギュスト・ピゲ オーデマ・ピゲ Audemars Piguet 歴史 ヒストリー

オーデマ・ピゲの歴史とは

パテックフィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンととも「世界三大腕時計ブランド」と呼ばれているオーデマ・ピゲ(AUDEMARS PIGUET)は、1875年にジュール・ルイ・オーデマ(Jules-Louis Audemars)とエドワール・オーギュスト・ピゲ(Edward-August Piguet)がスイスにて創業した世界三大時計ブランドのひとつとされる老舗時計メーカーです。
1892年に世界初のミニッツリピーター機能を搭載した腕時計を発表します。ミニッツリピーターは三大複雑機構のひとつとされ、鐘の音の数で自国を知らせる機能です。
オーデマ・ピゲはその後、1972年にラグジュアリー・スポーツウォッチのロイヤルオークを発表します。この時計は、世界的に有名なオーデマ・ピゲを代表する時計として知られています。重量感があり美しく仕上げられたロイヤルオークは、発表された当初は世間から批判を受けることも少なくなく、そのスタイルが現在のように評価されるまで、40年以上もわたり当時のデザインを頑なに守り続けました。
オーデマ・ピケの独特の世界観が込められたロイヤルオークは防水性能に優れた耐久性の高さと、その卓越したデザインセンスが高く評価され、現在もオーデマ・ピゲの売上の大半を占めるほどの人気です。
創業から現在に至るまで家族経営を続けているオーデマ・ピゲは、デザインやサイズ、素材などにこだわった豊富なラインナップのロイヤルオークを展開しています。スポーティーなデザインながら、気高さを感じさせるオーデマ・ピゲの時計は、年を重ねても長く使い続けられるデザイン性の高さが評価され、現在も多くの人に愛され続けています。