「ガブリエル ドゥ シャネル」の魅力をご紹介

ガブリエル ドゥ シャネルは、2017年の夏モデルとして登場して以来、急速にファンが増えました。女性だけでなく男性にも愛用者が多く、誰もが憧れるシャネルのアイテムの中でも、ひときわ輝きを放っています。シャネルの創始者ココ・シャネルの本名ガブリエルを冠したこのアイテムは、シャネルの中でも別格であることは間違いありません。

ガブリエル ドゥ シャネル ココ・シャネル

 

□ガブリエル ドゥ シャネルとは?

ガブリエル ドゥ シャネル A91810

ガブリエル ドゥ シャネル A94485

1955年に誕生したガブリエル ドゥ シャネルの特徴は、レザーを通したチェーンのショルダーベルトにあります。シャネルの創立は1910年ですから、ブランド誕生以来実に40年を経て生み出されたものです。そして、その流れを汲む最高傑作として発表されたのが、ガブリエル ドゥ シャネルなのです。

裏地に使われているのはガーネットのクロスライニングで、ココ・シャネルが初めて作ったバッグに似せたものと言われています。つまり、ガブリエル ドゥ シャネルは単に創業者の名前をつけただけではなく、そのスピリッツも受け継いだものなのです。ガブリエル ドゥ シャネルを作ったのは、ココ・シャネル没後30年以上にわたってシャネルを引っ張ってきた、デザイナーのカール・ラガーフェルドです。

ガブリエル ドゥ シャネル カール・ラガーフェルド

ガブリエル ドゥ シャネルの誕生は、シャネルの原点回帰を感じさせるものです。ココ・シャネルは女性を自由にしたと言われることが多いのですが、ファッションを通して働く女性に大きな影響を与えたのは間違いありません。そのコンセプトの1つが実用性でした。美しいだけでなく、実用的で使いやすく、しかも丈夫なバッグがシャネルの身上といってもいいでしょう。

 

□美しさ×実用性の「チェーンショルダーバッグ」

ガブリエル ドゥ シャネル AS0865

ガブリエル ドゥ シャネル AS1521

シャネルがこだわり続けてきた、美しさと実用性はここでもしっかり生かされています。まだクラッチバッグが主流だった時代に、両手を自由にする、チェーンショルダーバッグの登場は衝撃的でした。それはデザインよりも実用性を優先したもので、チェーンに革ひもを編み込んだ作りは、優雅でありながら実用的でたちまち人気となりました。しかし、実用性を追求した結果、見た目も美しいアイテムに仕上がったのですから、これはまさにシャネルマジックと言ってもいいでしょう。

 

□まとめ

今回は、ガブリエル ドゥ シャネルについて解説しました。シャネルの創業者ココ・シャネルの名前を冠したこのバッグは、シャネルのスピリッツを受け継いだものです。今回解説したシャネル製品以外に、金やプラチナなどの貴金属買取も行っているので、これらに関してご質問がありましたら、お気軽にご相談ください。