ティファニー Tiffany 歴史 ヒストリー

世界的に愛されるティファニーのブランド歴史

こんにちは、三重県鈴鹿市の質店「大蔵屋」です。
ティファニーは、現在高級ジュエリーブランドとして世界的に有名なブランドです。ここでは、世界でも屈指の知名度を誇るジュエリーブランド「ティファニー」の歴史をご紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。

ティファニー Tiffany 歴史 チャールズ・ルイス・ティファニー
ティファニー Tiffany 歴史 ヒストリー

ティファニーの歴史とは

1837年チャールズ・ルイス・ティファニーとジョン・B・ヤングが文房具と装飾品の店としてニューヨークにオープンした事がティファニーのブランドとしての始まりです。1845年にアメリカで初めてメールオーダーのカタログを発行し、現在にもブルーブックという名で受け継がれています。 1848年にヨーロッパから貴重な宝石を輸入することに成功し、ダイヤモンドジュエリーの販売を開始します。ティファニーの創業者チャールズ・ルイス・ティファニーは、アメリカを代表する宝石商としての地位を確立し、キング・オブ・ダイヤモンドと呼ばれるようになります。 1850年代に入ると、銀製品の取り扱いを開始し、1853年には社名を現在のティファニー&カンパニー(Tiffany & co)に変更し、ニューヨークのブロードウェイ五番街に本店を移転しました。 1867年のパリ万博で銀器部門の優秀賞を獲得し、さらに1878年の同万博では銀器部門のグランプリ、そしてジュエリー部門でもゴールドメダルを受賞するなど、大きな飛躍を遂げ、ヨーロッパにおいてもティファニーの名を広めることとなります。 全世界20か国以上に進出しているティファニーは、2013年にフランチェスカ・アムフィテアトロフを新たなデザインディレクターとして迎えています。現在、ジュエリーをはじめ、腕時計やレザーグッズなど、多角的にブランディングを推し進め、多くの女性が憧れるブランドとして時を超えて愛され続けています。

ティファニーの高額査定なら大蔵屋へ!

今回は世界の5大ジュエラーのひとつティファニーの歴史について紹介しました。ティファニーのジュエリーの高価買取はベテラン鑑定士がいる三重県鈴鹿市の質店「大蔵屋」にお任せください。鈴鹿市周辺にお住まいの方をはじめ、松阪市や津市からも多くのお客様にご利用いただいております。初めて質店をご利用いただく方にもわかりやすく丁寧な接客やご案内に努めていますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。