幸運に満ちた風景を切り取ったようなデザイン!ルイ・ヴィトン「エピ」

ルイ・ヴィトンの「エピ」というラインをご存知でしょうか?シンプルかつ高級感溢れるデザインで、男女問わず高い支持を獲得している人気のラインです。今回は、そんな「エピ」について誕生から現在までの歴史や人気の理由を、詳しく解説していきます。

ルイ・ヴィトン「エピ」とは?

ルイ・ヴィトン エピ ライン

「エピ」は1985年に誕生したラインです。エピはフランス語で「麦」を意味しており、素材に施された線状のデザインが、風に揺れる麦の穂のように見えることが名前の由来となっています。収穫前は幻想的な麦畑の風景として、収穫後は食物として心もお腹も満たしてくれることから、フランスでは麦は非常に縁起が良く幸運のモチーフとして取り入れらています。そんな麦を用いたエピのデザインは、幸運に満ちた風景をそのまま切り取ったようなものであるといえるわけです。

エピにはグレインレザーと呼ばれる上質な革が使用されています。光沢が特徴的な見た目の美しさはもちろん、耐久性に優れていて、長く使っても型崩れしにくいのも特徴です。また、エピが高い人気を獲得している理由として、美しい色合いが挙げられます。深海の溶岩をイメージしたノワールやサバンナの自然をイメージしたケニアブラウン、スペインのトレドを流れるタホ川をイメージしたトレド・ブルーなど、美しく豊富なカラ―リングは性別を問わず多くの支持を得ています。

ルイ・ヴィトン「エピの歴史」

ルイ・ヴィトン エピ デニム
ルイ・ヴィトン エピ ローズ・バレリーヌ
ルイ・ヴィトン エピ トレンド・ピンク
ルイ・ヴィトン エピ ノワール

ルイ・ヴィトンが日本に初めて上陸したのが1981年。当時はバブル景気であったため、ルイ・ヴィトンはすぐさま一大ブランドとして日本で成功を収めます。そして、その当時人気だったラインが他でもないエピだったのです。それまでのモノグラムなどのデザインとは違ったシンプルで高級感溢れるデザインは、当時の人々を魅了しました。しかしながら、バブルの終息、さらにはヴェルニなどの新モデルの台頭によってエピは完全に失速しています。ロケットスタートから一転、低迷時代を突入していったエピですが、新カラーの発表などで徐々に人気を取り戻していきます。そして現在、定番のモノグラムやダミエと肩を並べる人気モデルとして、ルイ・ヴィトンの中に確固とした地位を築いています。

まとめ

幸運の象徴とされる麦をデザインに使用したエピ。試行錯誤を繰り返し人気モデルとなった今でも、エピは新カラーの発表を続けています。確固たる地位を築いていながら、さらなる進化を求めて挑戦をする姿こそ、エピないしルイ・ヴィトンが人気を集める理由ではないでしょうか?大蔵屋ではルイ・ヴィトンだけでなく、他のブランドバッグや小物、貴金属の買取も行っておりますので、ご質問などある方はお気軽にご相談ください。