ルイヴィトンの王道ライン4つ!モノグラム、ダミエ、ヴェルニ、エピをご紹介!

ルイヴィトンといえば、言わずと知れた高級ブランドです。

その中でも王道と呼ばれるのが、モノグラム、ダミエ、ヴェルニ、エピの4つのラインです。

 

ここでは、この4つの王道ラインについて、ご紹介していきたいと思います。

 

□モノグラムについて

ルイヴィトン モノグラム

 

モノグラムは、「組み合わせた文字」という意味です。

 

モノグラムはルイヴィトンの代名詞といっても良いほど有名ですが、これを作ったのは二代目ジョルジュ・ヴィトンで、1896年のことでした。

 

モノグラムが誕生する前は、ダミエのような単純な模様がルイヴィトンの定番だったのです。

 

初代ルイ・ヴィトンのイニシャルの「L」と「V」の文字の組み合わせに花と星をあしらったものがモノグラムであり、このロゴは日本の家紋をモデルにしたものだとも言われています。

 

□ダミエについて

ルイヴィトン ダミエ

 

ダミエはモノグラムより先に作られたデザインで、1888年に世界初の商標登録商品として誕生しました。

 

しかし、すぐにダミエの偽物が出回ったために、8年で製造中止になり、現在見られるダミエは、1996年にモノグラム生誕100周年記念として、限定版で復刻したものです。

 

その後急速に人気が高まり、1998年に定番ラインになりました。
ダミエは、日本の市松模様を真似て作られたとも言われています。

 

□ヴェルニについて

ルイヴィトン ヴェルニ

ヴェルニは、1998年に誕生したモデルです。
ヴィルニとはエナメルの意味で、カーフスキンにエナメル加工が施されています。
その艶のある外観はエレガントで、発売と同時に評判を呼び、今ではヴィトンの定番ラインとなっています。
光沢のある輝きが特徴で、独特のカラーリングが、ヴィトンの定番商品と一線を画しています。

 

□エピについて

ルイヴィトン エピ

エピは「麦」の意味ですが、エピの線状の模様が「風に揺れる麦の穂」に見えるところから名付けられました。
1985年に誕生したエピは、グレインレザーという上質な革を使っており、美しい光沢と風合いを醸し出しています。
エピのラインナップの中では、耐久性と耐水性に優れ、実用性がありしかも品位を感じさせる財布が人気です。

 

□まとめ

 

今回は、ルイヴィトンの王道ライン4つについてご紹介しました。
王道ライン4つはモノグラム、ダミエ、ヴェルニ、エピでして、それぞれ魅力があります。

 

人気のルイ・ヴィトン製品は、中古でも人気アイテムや定番モデルであれば、高値で取引されやすいブランドです。

 

当社ではルイ・ヴィトンだけでなく、他のブランドバッグや小物、貴金属の買取も行っておりますので、ご質問などある方はお気軽にご相談ください。