ルイ・ヴィトンの歴史

世界的に愛されるルイ・ヴィトンのブランド歴史について

ルイ・ヴィトンは、現在高級バッグブランドとして世界的に有名なブランドです。ここでは、世界的に愛される格式高いルイ・ヴィトンの歴史をご紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。
ルイ・ヴィトン 歴史 ヒストリー ルイ・ヴィトン 歴史 ヒストリー

ルイ・ヴィトンの歴史とは

ルイ・ヴィトンは、1821年8月4日にフランスの小さな町で生まれ、若干14歳と言う若さでファッションの聖地であるパリに行き、長い下積み生活を送ります。そして、世界で初めて旅行バッグの専門店として1854年からルイ・ヴィトンの歴史は始まります。
現在のルイ・ヴィトンは、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループを代表するブランドとなっており、自身の人生の旅からインスピレーションを得て作られたトランクは、旅行者の間で瞬く間に人気商品となります。
しかし、ルイ・ヴィトンが世間の人々に大きく評価されるようになったのは、ルイ・ヴィトンの息子であるジョルジュ・ヴィトンの世代からとなっています。ジョルジュ・ヴィトンは、現在ルイ・ヴィトンのブランドデザインの代表格であるベージュと茶褐色のチェス盤にルイ・ヴィトンのブランドロゴが入ったダミエ・キャンバスを発表し、それが大ヒット商品になります。この頃、ルイ・ヴィトンでは、ルイ・ヴィトンのコピー商品が後を絶たず、コピー対策として誕生したデザインが「ダミエ・キャンバス」なのです。
その後、ルイ・ヴィトンのブランドを代表する最も認知度が高いラインとなった「モノグラム・キャンバス」が誕生します。それ以降もルイ・ヴィトンでは様々なラインを発表し、現在では世界を代表するトップブランドに上り詰めていきます。1997年にマーク・ジェイコブスをアーティスティック・デザイナーに迎え、さらにルイ・ヴィトンとしてブランド成長が加速していきます。ブランドの伝統と現代の斬新なデザインをミックスした新しいデザインは、新たな風をブランド業界に送り込むと共に、沢山の人々を魅了するブランドとして愛されています。