パテック・フィリップ Patek Philippe 歴史 ヒストリー トップ

世界的に愛されるパテック・フィリップのブランド歴史について

パテック・フィリップは、現在高級時計メーカーとして世界的に有名なブランドです。ここでは、世界的に愛される格式高いパテックフィリップの歴史をご紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。
パテック・フィリップ Patek Philippe 歴史 ヒストリー アントワーヌ・ノルベール・ド・パテック パテック・フィリップ Patek Philippe 歴史 ヒストリー

パテック・フィリップの歴史とは

ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲととも「世界三大腕時計ブランド」と呼ばれているパテックフィリップは、1839年スイスにて、ポートランド生まれのアントワーヌ・ノルベール・ド・パテックとフランソワ・チャペックが時計工房パテック・チャペック社を創業した事がパテック・フィリップのブランドとしての始まりです。 1844年、自社製品を出品するためにパリの博覧会に訪れたパテックは、そこでフランス人のジャン・アドリアン・フィリップが発明したリューズ巻き・時刻合わせ機構を備えた素晴らしい時計に出会います。パテックは意気投合したフィリップを技術者に就任させ、1851年に社名を「パテックフィリップ」に変更しました。同年、ロンドンで開催された万博に出品した懐中時計が金賞を受賞したパテックフィリップは、世界最高の時計を作るという理念の基、その後も技術革新を続けます。 パテックの死後、創業者一族が運営をし、1932年にスターン家に所有権を移譲しています。今の社名である「Patek Philippe S.A.」に変更された後も、創業者の遺志を継ぎ、革新的で美しく、信頼性を追求した世界最高の時計を多数発表しています。そして現在、パテックフィリップは世界の時計製作を大きく進歩させた存在として歴史にその名を残し、最高峰の腕時計ブランドと呼ばれ世代を超えて愛され続けています。