ロレックス 2023年新作モデルとディスコン一覧

こんにちは、三重県鈴鹿市の質店「大蔵屋」です。

ロレックスの2023年新作モデルが2023年3月27日(月)に発表されました。

この記事では新作モデルに加え、2022年までで廃盤(ディスコン)となったモデルをご紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。

ロレックス 2023年 新作 モデル一覧

ロレックス 2023年の新作モデルをご紹介します。

デイトナ / 2023年 新作 No.1

デイトナ シリーズの全モデルがリニューアルとなりました。

デイトナが誕生したのは1963年なので、2023年はデイトナ生誕60周年にあたる年。

2023年のデイトナリニューアルで何が変わったのかは以下をご確認ください。

ロレックス 2023年新作モデルとディスコン一覧 デイトナ

・型番がRef.116~からRef.126~へ変更
・ムーブメントがCal.4130からCal.4131へ変更
・インデックス、インダイヤルがサイズダウン&スリム化
・セラクロムベゼルのフチ部分がケースと同じ素材になった
・ラグ部分がシャープな形状になった
・プラチナモデルのみシースルーバックになった

型番変更

ステンレスモデルでいえば元々Ref.116500LNだった型番がRef.126500LNとなり、他モデルと同じRef.12~となりました。

素材型番
SSRef.126500LN
SS✕K18YGRef.126503
K18YG金無垢Ref.126508
K18YG✕オイスターフレックスRef.126518LN
K18ERG金無垢Ref.126505
K18ERG✕オイスターフレックスRef.126515LN
K18WG金無垢Ref.126509
K18WG✕オイスターフレックスRef.126519LN
Pt950 プラチナ無垢Ref.126506

インダイヤル・インデックス サイズダウン

2010年以降、ロレックスの時計は全体的にボリュームアップしていく傾向にありました。

ロレックス 2023年新作モデルとディスコン一覧 デイトナ インダイヤル・インデックス サイズダウン

インデックスなども徐々に大型化していましたが、2023年のデイトナリニューアルではインデックスとインダイヤルがサイズダウンとなりスリムになっています。

エルプリメロを搭載していた人気モデル、デイトナ Ref.16520のインデックスやインダイヤルに近い細身なサイズ感になっています。

デイトナ Ref.126506 アイスブルーがシースルーバック(裏スケルトン)に

今回のデイトナリニューアルで最も大きなトピックが、プラチナ無垢 デイトナ Ref.126506 アイスブルーのシースルーバック仕様ではないでしょうか。

ロレックス 2023年新作モデルとディスコン一覧 デイトナ 126506 アイスブルーがシースルーバック

元々シースルーバックを採用しているメーカーであれば驚きはそこまでありませんが、今までロレックスはシースルーバックを採用しておらず、ここに来てシースルーバック登場ということで注目を集めています。

パーペチュアル 1908 / 2023年 新作 No.2

パーペチュアル 1908は2023年3月27日に発表されたロレックス(ROLEX)の新作ドレスモデルです。

ロレックス 2023年新作モデルとディスコン一覧 パーペチュアル 1908

・チェリーニの後継にあたる新モデル
・シースルーバック仕様
・ロレックスでは唯一の2針&スモールセコンド

チェリーニの後継として登場したパーペチュアル 1908は、ロレックスの商標が登録された1908年の名を背負ったニューモデル。

クラシカルモダンという表現がふさわしい伝統的かつ現代的な雰囲気も漂わせるフェイスにシースルーバック仕様という”新しいモデル”です。

今までにないファンを獲得していきそうなモデルですね。

関連記事「ロレックス パーペチュアル 1908についての記事はコチラ」 2023.05.15 公開予定

エクスプローラー 40 / 2023年 新作 No.3

エクスプローラーIに新サイズ40mmが追加となりました。型番はRef.224270です。

ロレックス 2023年新作モデルとディスコン一覧 エクスプローラー40 224270

・エクスプローラーで初めてのケースサイズ40mm
・エクスプローラーIは36mmと40mmの2サイズ展開に

エクスプローラーIのサイズ変更の流れは以下の通り。

年代ケースサイズ
2010年39mmサイズのRef.214270が登場。旧モデルの36mmからサイズアップ
2021年36mmサイズのRef.124270が登場。39mmからサイズダウン。39mmサイズは廃盤
2023年40mmサイズのRef.224270が登場。36mmサイズのRef.124270との併売で2サイズ展開に

2021年に廃盤となった エクスプローラー 39 Ref.214270 が40mmになって復活したという感じですね。ちなみに、エクスプローラーIIと区別するために”I”と付いていたエクスプローラーIですが、現在はエクスプローラー 36、エクスプローラー 40 という名称になっています。

GMTマスターII K18YG 金無垢 / 2023年 新作 No.4

GMTマスターIIではK18YG(18金イエローゴールド)金無垢モデルが復活し、新たな2トーンベゼルが誕生しました。

K18YG金無垢モデルはGMTマスターII 126718GMR、K18YGコンビモデルはGMTマスターII 126713GMRとなっています。

ロレックス 2023年新作モデルとディスコン一覧 GMTマスター2 K18YG 126718GMR

・K18YG(18金イエローゴールド)金無垢モデルが復活

・K18YG金無垢、K18YGコンビともにジュビリーブレス

・2トーンベゼルはグレー&ブラック(灰黒)

グレー&ブラックのベゼルにはまだニックネームがなく、各所で予想されています。

キャラクターなら「ブラックパンサー」でしょうか。新しいニックネーム、楽しみですね。

ヨットマスター 42 RLXチタン / 2023年 新作 No.5

ヨットマスター 42 の新作としてRLXチタンを採用したヨットマスター 42 Ref.226627が登場しました。

RLXチタンは、ロレックスのグレード5チタン合金のことで、今のところ2022年11月に発売された「ディープシー チャレンジ」にしか採用されていませんでした。

そんなRLXチタンが、2023年新作のヨットマスター 42 Ref.に採用。ラグジュアリースポーツウォッチとして誕生したヨットマスターは、どちらかというとゴージャスなルックスのモデルが多かったですが、オールサテン仕上げ(オール艶消し)のヨットマスター 42 Ref.226627はかなり渋いルックスです。

ロレックス 2023年新作モデルとディスコン一覧 ヨットマスター42 226627

・RLXチタン素材採用

・ヨットマスター初のオールサテン仕上げでマットな質感

・ヨットマスター 42 の中で最もリーズナブルな価格

・ヨットマスター 42 初のオイスターブレスレット

ヨットマスター 42 は2019年に登場した新たなサイズで、K18WGとK18YGしかラインナップされていませんでした。RLXチタンも特別な素材ではありますが、ゴールドと比べると安価なので、ヨットマスター 42 Ref.226627 RLXチタンはヨットマスター 42 の中で最もリーズナブルな価格となっています。

モデル 型番 素材販売価格
ヨットマスター42 226659 K18WG金無垢3,940,200円
ヨットマスター42 226658 K18YG金無垢3,467,200円
ヨットマスター42 Ref.226627 RLXチタン1,670,900円

スカイドゥエラー / 2023年 新作 No.6

ロレックス唯一のコンプリケーションモデル、スカイドゥエラーもムーブメントが一新されました。

また、K18WGモデルにオイスターフレックス仕様が追加され、鮮やかなカラーが目を引くミントグリーンとブルーグリーンの文字盤も追加されています。

ロレックス 2023年新作モデルとディスコン一覧 スカイドゥエラー

・型番がRef.326~からRef.336~へ変更

・ムーブメントがCal.9001からCal.9002へ変更

・K18WGモデルにオイスターフレックス仕様が追加

・ミントグリーンとブルーグリーン ダイヤルが追加

素材型番
SS✕K18YG型番
K18YG金無垢Ref.336933
K18YG✕オイスターフレックスRef.336938
K18ERG金無垢Ref.336238
K18ERG✕オイスターフレックスRef.336935
SS✕K18WGRef.336934
K18WG✕オイスターフレックスRef.336239

オイスターパーペチュアル 新ダイヤル / 2023年 新作 No.7

オイスターパーペチュアルシリーズの3サイズに新文字盤が追加されました。

ロレックス 2023年新作モデルとディスコン一覧 オイスターパーペチュアル 新ダイヤル セレブレーション

・オイスターパーペチュアル 31、36、41の3サイズにラインナップ

・2020年に登場した文字盤カラーをオマージュしたドット柄

新文字盤のデザインはターコイズブルーの背景色に、キャンディピンク、イエロー、コーラルレッド、グリーンの大小様々なドットが散りばめられたデザインで、「セレブレーション」と名付けられています。

デイデイト 36 新ダイヤル / 2023年 新作 No.8

デイデイトシリーズには3種類の天然石文字盤が追加されました。

ロレックス 2023年新作モデルとディスコン一覧 デイデイト36 新ダイヤル カーネリアン
ロレックス 2023年新作モデルとディスコン一覧 デイデイト36 新ダイヤル ターコイズ
ロレックス 2023年新作モデルとディスコン一覧 デイデイト36 新ダイヤル グリーンアベンチュリン

・新天然石文字盤はデイデイト 36 にのみのラインナップ

・カーネリアン、ターコイズ、グリーンアベンチュリンの3種類

オレンジ色のカーネリアン、天然石ならではの脈模様が入ったターコイズ、細かい結晶が作り出す模様がこれまでの文字盤とは一線を画すグリーンアベンチュリン、どれも個性的な文字盤となっています。

ロレックス 2023年 ディスコン モデル一覧(2022年で生産終了)

ミルガウス / 2023年 ディスコン No.1

ロレックス 2023年新作モデルとディスコン一覧 ディスコン ミルガウス

毎年のようにディスコンの噂が流れていたミルガウスがついにディスコンとなりました。

チェリーニ / 2023年 ディスコン No.2

ロレックス 2023年新作モデルとディスコン一覧 ディスコン チェリーニ

パーペチュアル 1908と入れ替わりでチェリーニがディスコンとなりました。

三重県鈴鹿市の質店「大蔵屋」ではロレックス を高価買取します!

2023年のロレックスも面白いニューモデルが誕生しました。

いずれのモデルもまだ市場には出回っていませんので、買取相場がどうなるのかはわかりません。

三重県鈴鹿市・津市・四日市市などのお客様よりご愛顧いただいている大蔵屋では、ロレックスの買取を強化しております。新しいモデルであっても適正な買取相場にて買取させていただきますので、ぜひ大蔵屋の無料査定をお試しください。

また、売るか迷っているお客様は質預かりもご利用いただけます。商品を担保にして現金を借り入れできる質預かりには以下のようなメリットがございます。

・分割返済だけでなく一括返済も可能なので好きな時に取り戻せる

・クレジットスコアに左右されず借り入れができる

・返済できない場合でも担保品で完済できるので、借金になることがない

大蔵屋では質預かりも喜んで承っておりますので、お気軽にご相談ください。