ロレックス「GMTマスターⅡ」魅力をご紹介

ロレックスは持つだけでステータスがワンランク上がると言われる、世界的な高級ブランド時計です。そのロレックスの中でも、特に人気が高いのがGMTマスターⅡです。防水性能の高いGMTマスターⅡには、数々の優れた特徴があります。ここではGMTマスターⅡについて解説し、新モデルについても触れてみましょう。

ロレックス「GMTマスターⅡ」とは?

ロレックス GMTマスターⅡ 飛行機

いまやGMTマスターⅡは、ロレックスを代表するモデルと言っていいでしょう。1955年に、飛行機のパイロットの要望により誕生したといわれるGMTマスターは、特殊な用途を持ち劣悪な環境での使用に耐える時計として開発されたものです。飛行機のパイロットは目的地ごとに時差があるため、複数のタイムゾーンを持つGMTマスターは、世界を駆け巡るパイロットの必需品となっていきました。そのため、初代のGMTマスター以降、GMTマスターⅡとしていくつかのモデルが開発され、多くのファンを魅了するロングセラーとなったのです。 GMTマスターⅡはGMTマスターの上位機種として誕生しましたが、機能面が優れているだけでなく、カラーリングのベゼルに魅了された人も多く、機能重視の時計ながら、見た目の美しさに惹かれて買い求める人も多いようです。

ロレックス GMTマスターⅡ 6542 16760

ロレックス「オイスター パーペチュアル GMTマスター Ⅱ」新モデルの魅力

「オイスター パーペチュアル GMTマスターⅡ」新モデルの魅力を探ってみましょう。ロレックスの最先端技術の粋を集めた新モデルには、数々の優れた機能が搭載されています。

デザイン

ロレックス GMTマスターⅡ 24時間

ブルーとブラックを基調としたスタンダードなデザインが特徴です。両方向回転ベゼルと目盛り入りの2色か単色のベゼルインサートが「GMTマスター」の大きな特色です。2019年の新作では、24時間目盛り入りのブルーとブラックのセラミック製セラクロムベゼルインサートが使われています。

ロレックス GMTマスターⅡ ベゼル バックグラウンド

キャリバー3285

ロレックス GMTマスターⅡ ムーブメント 3285

心臓部にキャリバー3285を搭載しています。
衝撃に強く耐磁性があり、約70時間の連続使用に耐える最先端の機能を持つ信頼性の高いパーツです。

防水性能

耐蝕性に優れたミドルケースに守られたムーブメントは、水深100mまでの防水が可能な構造です。
リューズは三重密閉構造となっており、防水精度を高めています。

まとめ

今回は、ロレックスのGMTマスターⅡについて魅力と機能を解説しました。ブランド時計でありながら、GMTマスターⅡは実用的で優れた機能を持ち、多くのパイロットに愛用されています。今回解説したロレックス製品以外に、金やプラチナなどの貴金属買取も行っているので、これらに関してご質問がありましたら、お気軽にご相談ください。