A.ランゲ&ゾーネ A.Lange Sohne 歴史 ヒストリー トップ

世界的に愛されるA.ランゲ&ゾーネのブランド歴史

A.ランゲ&ゾーネは、現在高級時計ブランドとして世界的に有名なブランドです。ここでは、世界的に愛される格式高いブレゲの歴史をご紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。

A.ランゲ&ゾーネ A.Lange Sohne 歴史 ヒストリー フェルナンド・アドルフ・ランゲ
A.ランゲ&ゾーネ A.Lange Sohne 歴史 ヒストリー

A.ランゲ&ゾーネの歴史とは

A.ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)は、ドイツの最高級時計ブランドです。創業者はドイツの著名時計職人にもとで時計づくりを学び、ザクセン時計産業の礎を築いたフェルナンド・アドルフ・ランゲ(Ferdinand Adolph Lange)です。イギリスやスイスで学び1840年にドイツへと帰国したフェルナンド・アドルフ・ランゲは、貧しいエルツ産地に時計産業を確立するために工房を設立することを決意します。ゼクセン政府に支援を訴え続け、1845年についに地域振興事業の計画に承認を得られたランゲは工房を創設します。これがA.ランゲ&ゾーネの誕生です。ドイツの東西冷戦による影響でブランドは消滅しますが、1989年のベルリンの壁崩壊で東西が再び統一すると、その翌年、フェルナンド・アドルフ・ランゲの曾孫にあたるウォルター・ランゲがブランドを再開します。ブランドの再開からわずか20年でA.ランゲ&ゾーネはランゲ1、サクソニア、1815 トゥールビヨン、ツァイトヴェルク、リヒャルト・ランゲなどのヒット作を次々と発表し、世界5大時計ブランドと知られるメーカーへと躍進しました。A.ランゲ&ゾーネの時計は、高度な技術が必要とされる最も高度な複雑機構を組み合わせていることが特徴です。すべてのムーブメントに対して二度組みをおこない、古くから継承されてきた仕上げと装飾の技術で複雑なパーツも一本一本手作業をおこなうのは創業時からの伝統です。