ロレックスの寿命とは?長持ちさせるメンテナンス法について解説します

世界で最も有名な腕時計の一つであるロレックスですが、その寿命について知っていますか?
多くの時計ファンに愛されているロレックスですが、物には寿命が存在します。
しかし、日常的な手入れだけでは、劣化を防ぐのは難しいでしょう。
そこで今回は、多くの方が気になるロレックスの寿命とその延ばし方について解説します。

 

□ロレックスの寿命とは

 

*ロレックスの特徴

 

ロレックスの腕時計は精度を重視して設計されています。
他の高級腕時計ブランドの中には耐久性を重視し、全体的に長持ちする作りになっているブランドもあります。
技術的な進化によって、ロレックスの最新の腕時計に関しては耐久性が飛躍的に上がりましたが、きちんと手入れを行わなければ、それだけ寿命も短くなるでしょう。
次にロレックスの寿命と、寿命を延ばすためのポイントについて具体的に解説します。

 

*ロレックスの寿命と寿命を延ばす方法

 

ロレックスは、分類的には機械式時計という種類の時計となります。
この機械式時計は、あるメンテナンスを行わないと約10年で寿命を迎えてしまうと言われています。
腕時計の動力であるゼンマイや歯車、防水用のゴムなども経年劣化してしまうからです。
しかし、これらの劣化は単純に汚れや水に気をつけて使用すれば避けられるという訳ではありません。
では、具体的にどのメンテナンスをすれば劣化を防げるのでしょうか。

 

□オーバーホールとは

 

ロレックス ROLEX 定期的 オーバーホール メンテナンス

 

機械式時計の寿命を延ばすためのメンテナンスが、オーバーホールというメンテナンスです。
オーバーホールとは、腕時計を分解して部品を洗浄し、オイルを可動部分にさすことで部品の劣化を防ぐメンテナンス方法のことです。
腕時計の分解を行うことで、交換が必要なパーツはその都度交換できます。
機械式の腕時計は構造が緻密なので、破損などの修理も費用が高額です。
オーバーホールを定期的に行うことで、時計ごと買い替えが必要なほどの劣化を防げます。
オーバーホールは日本にあるロレックスの正規店だけでなく、民間の時計修理専門店でも行っています。
日常的なメンテナンスに加えて、だいたい3年ごとに定期的にオーバーホールによる手入れを行うことで、寿命を飛躍的に伸ばせます。

 

□まとめ

 

今回は、ロレックスの寿命と寿命を延ばすためのメンテナンス法について解説しました。
当社では今回紹介したロレックスのようなブランドウォッチ以外にも、ブランドバッグや金、プラチナなどの買取りも行っております。
これらに関して買取りの依頼などございましたら、お気軽にご連絡ください。