クリスチャン・ディオールの歴史

世界的に愛されるクリスチャン・ディオールのブランド歴史について

クリスチャン・ディオールは、世界的に有名な高級ファッションブランドです。ここでは、世界的に愛される格式高いディオールの歴史をご紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。
クリスチャン・ディオール Christian Dior 歴史 ヒストリー01 クリスチャン・ディオール Christian Dior 歴史 ヒストリー02

クリスチャン・ディオールの歴史とは

1946年フランス・パリで第一号店となるオートクチュールブティックをオープンさせた事がクリスチャン・ディオールのブランドとしての始まりです。

創業者のクリスチャン・ディオールは裕福な実業家の家に生まれます。政治学院で学びながら友人と画廊を開設しますが、1930年代に起きた恐慌に見舞われて失業してしまいます。このとき、友人からデッサンを習ったディオールは、自らデザインした帽子のスケッチが好評だったことを機にファッションデザイナーを目指すようになります。その後、彼の才能に目を止めた実業家のマルセル・ブサックの援助を受け、1946年にパリのモンテニュー通り30番地に自身の名を冠したブティック「クリスチャン ディオール オートクチュール メゾン」をオープンしました。翌年の春夏シーズンでパリコレクションにデビューし、そこで発表したコロールラインは、そのシルエットの美しさからニュールックと呼ばれて流行しました。
以降、新しいラインを次々と発表したディオールは、名実ともに世界的なトップファッションデザイナーとしてその地位を確立し、1950年代のファッションをけん引していきます。ディオールはファッションラインだけでなく、1948年に香水部門の「パルファン・クリスチャン・ディオール」を設立し、1954年には今もなお今もなお世界中で愛されるコスメラインを展開し大成功を収めています。

1957年、53歳の若さでこの世を去ったディオールの遺志により、弱冠21歳のイブ・サンローランがデザインディレクターに抜擢されます。その後も、数々の名デザイナーがディオールの遺志を受け継ぎ、現在もパリを代表するラグジュアリーブランドとして君臨しています。