IWC アイ・ダブリュー・シー International Watch Company 歴史 ヒストリー トップ

世界的に愛されるIWCのブランド歴史

IWCは、現在高級時計メーカーとして世界的に有名なブランドです。ここでは、世界的に愛される格式高いIWCの歴史をご紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。

IWC アイ・ダブリュー・シー International Watch Company 歴史 ヒストリー フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ
IWC アイ・ダブリュー・シー International Watch Company 歴史 ヒストリー

IWC アイ・ダブリュー・シーの歴史とは

IWC アイ・ダブリュー・シー(International Watch Companyインターナショナル・ウォッチ・カンパニー)は、1868年にスイスのシャフハウゼンにて創業した高級時計ブランドです。創業者はアメリカ出身の時計職人フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ(Florentine Ariosto Jones)です。創業当初から、スイスで継承されてきた伝統的な時計技術と、機械により自動化されたアメリカの製造技術を融合させることで時計製造の効率化をはかります。ドイツ語圏のシャフハウゼンに創設されたIWCの時計は、ドイツのルーツを生かしたシンプルながら頑丈で実用性の高いものが多く、ミリタリーウォッチをはじめ、スポーツウォッチやパイロットウォッチなどの人気ラインナップが現在も高く評価されています。高い精度と信頼性を追求するIWCは、生産が終了している時計もすべて永久保証としている数少ない時計ブランドです。完成した時計はその後、自社規格による検査を受け、IWCの時計としてふさわしい高精度な時計と認定されたもののみ出荷されます。ものづくりへのこだわりと、高精度な時計を作ることへの飽くなき探求心が感じられることこそ、IWCがこれまで愛され続けてきた理由です。IWCを代表する定番モデルといえば、パイロットウォッチです。その名のとおり、パイロットのために開発された腕時計で、手袋を着用しながら調整できることや視認性に優れていることが高く評価され、いまでも支持されて続けています。