ルイ・ヴィトンの品質が高い理由について解説します!

高級ブランドと聞いてルイ・ヴィトンを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。
ルイ・ヴィトンはその品質から、非常に人気のブランドです。
そんなルイ・ヴィトンの製品について、品質が良いとは聞くけど実際よくわからない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、ルイ・ヴィトンの品質について解説します。

 

 

□ルイヴィトンの生産国

 

ルイ・ヴィトンは元々フランスで「ルイ・ヴィトン」という名前のスーツケース職人が創始した旅行カバンのブランドです。
ルイ・ヴィトンは製造を委託せず、自社工場のみで商品の製造を行います。
現在は、フランスの他にスペインに工場があると言われています。
製造国の刻印は、「made in France」か「made in
Spain」と表記されていることが多いです。
他にも「made in Italy」や「made in Swiss」などがございます。
また、過去にはアメリカで製造されていました。
そのため、「made in U.S.A」と刻印された製品もあります。

 

ルイ・ヴィトン 工場

 

 

□ルイ・ヴィトンにはアウトレット商品が存在しない

 

ルイ・ヴィトンはアウトレット商品を出さないことで商品の品質を担保しています。
アウトレット商品というのは、ブランド側が工場に製品の生産を任せ、直営店ではなく、卸業者に納品する際に生まれる商品です。
契約した工場が、不良品の発生を見越して多めに作ったバッグなどの商品が余ってしまい、その商品が横流しされることによって生み出されるのがアウトレット商品です。
ルイ・ヴィトンはそもそも生産を委託せず、自社生産、直営販売を行なっているため、アウトレット商品が存在しません。
アウトレット商品をなくすことによって、自社生産を行わない会社に比べてはるかに品質の高いものを製造できます。
また、アウトレット品をなくすことで、品質の悪い商品が出回らなくなり、ブランドイメージが下がることを防げます。
このように、ルイ・ヴィトンは品質へのこだわりが非常に強く、デザインのミスを見逃しません。
高級ブランドのイメージが高いルイ・ヴィトンですが、価格は高価でも品質を下げないための工夫を徹底することで、ブランドの人気と信頼を保っているのです。

 

 

□まとめ

 

今回は、ルイ・ヴィトンの品質について解説しました。
品質に徹底的にこだわることによって、高価にも関わらず、高いブランド力と信頼を得続けているのです。
今回解説したルイ・ヴィトン製品以外に、金やプラチナなどの貴金属買取も行っているので、これらに関してご質問がありましたら、お気軽にご相談ください。