オメガの歴史

世界的に愛されるオメガのブランド歴史について

オメガは、現在高級ウォッチブランドとして世界的に有名なブランドです。ここでは、世界的に愛される格式高いオメガの歴史をご紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。
オメガ 歴史 ルイ・ブラン オメガ 歴史 ヒストリー

オメガの歴史とは

オメガは昔から日本で親しまれて来たスイス時計を代表するブランドです。ブランドの創業は1848年で、時計師ルイ・ブランがスイスの時計産業の地として有名なジュラ山脈のラ・ショー・ド・フォンに時計工房を創設します。その後1880年、現在オメガ本社があるビエンヌに工場を設立し本格的な時計メーカーへと転換、翌年には年間10万個を生産するスイス最大手へと成長します。

オメガ腕時計、数々の人気モデル

20世紀前半の時期では、オメガ時計は天文台の精度コンクールで数々の新記録を獲得しています。他にも、1932年にロサンゼルスで行われたオリンピックでは公式計時を務めており、オメガ時計は「精密時計のオメガ」として確固たる地位を確立していきます。
また、1940年代末~1950年代半ば頃には、現在のオメガコレクションに受け継がれている傑作の腕時計モデルが沢山開発されています。画期的な防水設計「シーマスター」、天文台コンクールで優秀な成績を残した「コンステレーション」、プロフェッショナル・ダイバーズウォッチとして回転ベゼルを備えた「シーマスター300」、クロノグラフの古典モデル「スピードマスター」等、数々の人気腕時計モデルを世に輩出しています。