ロレックス クラスプコード

こんにちは、三重県鈴鹿市の質店「大蔵屋」です。

ロレックスのブレスレットに刻印されているクラスプコードで、いつ頃製造されたモデルなのかを調べることができます。

今回はブランド時計の人気No.1「ロレックス」のクラスプコードについて説明します。※あくまで参考程度にご覧ください。

ロレックスのクラスプコードとは

ロレックスのクラスプには、製造年を表すクラスプコードの刻印があります。

2010年以前のロレックスであれば、クラスプコードでおおよその製造年を調べることができます。多少のズレがあり、シリアルナンバーとの年代が合わなくても問題ありません。

ロレックス社の修理の際にクラスプが交換された場合などで番号が変わることがあります。

2011年のランダムに変更後はクラスプコードでの製造年が推定できなくなりました。

ロレックス クラスプコード CL 2004年

CL=2004年に製造された製品になります。

ロレックス クラスプコード OP 2006年

OP=2006年年に製造された製品になります。

ロレックスのクラスプコード一覧

1976年 A、VA
1977年 B、VC
1978年 C、VC
1979年 D、VD
1980年 E、VE
1981年 F、VF
1982年 G
1983年 H
1984年 I
1985年 J
1986年 K
1987年 L
1988年 M
1989年 N
1990年 O
1991年 P
1992年 Q
1993年 R
1994年 S
1995年 T、W
1996年 V
1997年 Z
1998年 Z、U
1999年 X
2000年 AB
2001年 DE
2002年 DT
2003年 AD
2004年 CL
2005年 MA
2006年 OP
2007年 EO
2008年 PJ
2009年 LT
2010年 RS
2011年 CP、ランダム
2012年~ ランダム番号

腕時計の人気No.1「ロレックス」ぜひ大蔵屋でお売りください!

今回はロレックスの製造年によるクラスプコードについて説明しました。

質屋を一度も利用したことがない方はご不安もあるかもしれませんが、三重県鈴鹿市の質店「大蔵屋」では一期一会を大切に丁寧でわかりやすい接客に努めています。

松阪市や津市など、鈴鹿市外からも当店のお客様の紹介でご来店いただく方もいらっしゃいます。

ロレックスやブライトリングの買い取りや質預かりをご検討の方はちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。