時計業界を代表する耐磁時計!ロレックス「ミルガウス」

ミルガウスは、ロレックスのモデルの中でも磁気に強い時計です。しかし、ミルガウスの特徴はこれだけではありません。実は、ミルガウスはロレックスの中でも変わり種と呼ばれているのです。耐磁性があるので普通の時計と違うのは確かですが、これ以外にどんな特徴があるのでしょうか。ミルガウスについて調べてみました。

ロレックス「ミルガウス」とは?

ロレックス ミルガウス 6541
ロレックス ミルガウス 欧州合同原子核研究機構 科学者

ミルガウスが誕生したのは1956年ですから、半世紀以上続くベストセラーです。強い磁気の中で仕事をする医師や、研究者などのために開発された時計です。あまり一般的な時計ではなかったため、ミルガウスは1988年に一旦生産終了となりますが、2007年に再登場します。

それは、磁気を寄せ付けない耐磁ケースに、磁気に強いムーブメントを搭載した116400というモデルでした。116400は文字盤が個性的なのが特徴で、ロレックスの中でも変わり種と呼ばれています。

ロレックス ミルガウス 116400GV Zブルー
ロレックス ミルガウス Zブルーダイヤル
ロレックス ミルガウス 116400GV ブラック
ロレックス ミルガウス ブラックダイヤル

ロレックス「ミルガウス」の特徴

強力な耐磁性を誇るケース

ロレックス ミルガウス ケース バック

ロレックスの時計は、どれも耐磁性のあるムーブメントを使っています。その中でも、より耐磁性のあるムーブメントに耐磁性ケースを使用して、さらに耐磁性を高めたのがミルガウスです。ミルガウスのケースは、高性能磁気遮断システムを施した特殊なものです。

オイスターケース内の磁気シールド

ロレックス ミルガウス 磁気シールド

通常のオイスターケースの中に磁気シールドを組み込んだもので、強磁性合金で磁気を引き受けて、中の時計を守る仕組みとなっています。強磁性合金は、磁力があれば何でも使えるわけではありません。鉄は強磁性がありますが、磁力を保持する性質が強いので適しません。強磁性でありながら保磁性が低く、すぐ磁性を開放する金属でないと、時計には使えないのです。

ムーブメント Cal.3131を搭載

ロレックス ミルガウス ムーブメント cal.3131

ミルガウスに使われているムーブメントは、Cal.3131と呼ばれる特殊なものです。しかも、Cal.3131はミルガウス専用に開発されたもので、常磁性素材が使われているのが特徴です。常磁性素材は磁場があるときだけ磁化し、磁場がなくなると普通の金属に戻る特殊な素材です。 アンクルやゼンマイが磁気を帯びると、時計の精度が狂ってしまいますが、常磁性素材であればその心配がありません。このように、ミルガウスは時計の精度を保ちつつ、耐磁性を実現しているのです。

ロレックス ミルガウス 秒針 稲妻

まとめ

今回は、ロレックスのミルガウスについて解説しました。ミルガウスには、ロレックスの技術の粋が集められていることがわかりました。 今回解説したロレックス製品以外に、金やプラチナなどの貴金属買取も行っているので、これらに関してご質問がありましたら、お気軽にご相談ください。