ロレックスの定番アイテム!シードゥエラーをご紹介!

ロレックスシードゥエラーは、サブマリーナと同様にダイバーズウォッチの定番として高い評価を受けています。ヘリウムガスエスケープバルブを搭載し、深海潜水では3,900mもの防水性能があるため、本格的なダイバーズウォッチとしての性能を有しています。
シードゥエラーは、サブマリーナと外観がそっくりで、何かと比較されることも多いようですが、実はサブマリーナの上級モデルとして誕生したものです。
ロレックスの定番アイテムシードゥエラーについて見ていきましょう。

 

□ロレックスシードゥエラーとは?

ロレックス シードウェラー 126600

シードゥエラーは「海の居住者」という意味を持っています。
防水性に優れているので、そのような異名があるのでしょう。
シードゥエラーが発売された1967年当時、サブマリーナの防水性能はわずか200mしかありませんでした。

普段の生活には問題ない防水性能ですが、深海に潜るにはさらに優れた防水性能が必要となります。
ロレックスでは最初のシードゥエラーRef.1665で610m、次のモデルRef.1660では1,220mまで潜れる性能を実現しています。
ロレックスの防水性能はすでに世界的に有名でしたが、シードゥエラーの登場で、さらにその技術のすごさを知らしめることとなったのです。

ロレックス シードウェラー ベゼル

ロレックス シードウェラー ブラックダイヤル

ロレックス シードウェラー ケース

 

□ロレックスシードウェラー誕生の経緯

 

ロレックス シードウェラー ドン・ウォルシュ

 

シードウェラーはダイバー専用として開発された時計なので、あくまでも性能重視で華美な装飾は一切ありません。ただ深海での防水機能だけを追求して作られたモデルなのです。シードウェラーはどのような経緯で誕生したのでしょうか。

1953年、ロレックスは深海潜水艦トリエステ号の協力を得て、高い水圧に耐えられる時計の開発をスタートさせました。
1960年、ロレックスの時計を取り付けたトリエステ号が10916mまで潜りましたが、時計は故障することもなく動いていました。その後フランスのコメックス社と共同で、シードウェラーを目指して新たなダイバーズウォッチの開発を開始しました。

ロレックス シードウェラー ムーブメント 3235

 

その結果、1967年、防水性能610mのシードウェラーの第1号モデルRef.1665が誕生したのです。
続いて1978年、防水性能1220mの第2号モデルRef.16660が発売されました。
2008年、防水性能3900mのシードウェラーモデル「ディープシー」が発売されました。
そして2014年、シードウェラーシリーズの最新版Ref.116600が発表されたのです。

 

ロレックス シードゥエラー ディープシー 126660

ロレックス シードゥエラー ディープシーDブル 126660

 

□まとめ

今回は、ロレックスシードウェラーの性能と誕生の歴史について解説しました。
この記事を参考に、シードウェラーに興味を持っていただければ幸いです。

当社は三重県鈴鹿市に店を構える宝石やブランドバッグ・時計などの買取店です。
ご不要になったロレックスなどを高く売りたい方は、ぜひ当社までご連絡ください。