サンローランの歴史

世界的に愛されるサンローランのブランド歴史について

サンローランは、現在高級ラグジュアリーブランドとして世界的に有名なブランドです。ここでは、世界的に愛される格式高いサンローランの歴史をご紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。
サンローラン Saint Laurent 歴史 ヒストリー イヴ・サンローラン サンローラン Saint Laurent 歴史 ヒストリー

サンローランの歴史とは

1961年に、オートクチュールメゾンがとして誕生した事がサンローランのブランドとしての始まりです。創設者のイヴ・サンローランは、コンクールでの入賞がきっかけで1954年にディオールで仕事を始めます。1957年にクリスチャン・ディオールが逝去すると、その遺志を継ぎ、わずか21歳でディオールの後継デザイナーに就任します。翌年の初コレクションでトラペーズラインのデザインを発表し、ニーマン・マーカス賞を受賞するなど、人気を不動のものにしました。

その後、アルジェリア戦争に徴兵されたことを機に、ディオールを辞することになったイヴ・サンローランは、ピエール・べルジェ、マック・ロビンソンと組み、オートクチュールメゾンの「イヴサンローラン」を設立します。以後、イブ・サンローランが発表した優雅で新しいスタイルは、60年代を象徴するニューモードとして好評を呼び、66年になると「イヴ・サンローラン
リヴ・ゴーシュ」というプレタポルテラインをパリに設けます。それ以降、40年にもわたりトップデザイナーとして目まぐるしい活躍を続けたイヴ・サンローランは、1985年にフランスの最高勲章レジオン・ドヌール勲章、1993年にはデ・ドール賞を授与され、名実ともにモードの帝王と呼ばれるようになります。

世界中に偉大な功績を遺したイヴ・サンローランの遺志は、時代を経て新たなデザイナーたちによって引き継がれ、現在もパリを代表する存在としてアパレルやバッグ、コスメ、香水まで幅広く展開しています。