セイコーの歴史

世界的に愛されるセイコーのブランド歴史について

セイコーは、現在日本が誇る時計メーカーとして世界的に有名なブランドです。ここでは、世界的に愛される格式高いセイコーの歴史をご紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。
セイコー Seiko 歴史 ヒストリー 服部金太郎 セイコー Seiko 歴史 ヒストリー

セイコーの歴史とは

1881年、服部金太郎が服部時計店を創業した事がセイコーのブランドとしての始まりです。創業当初は主に中古時計の修理し売り出す事業でスタートし、その後日本で初めてとなる機械式腕時計「ローレル」を1913年に製品化します。1956年に日本国産としは初めての自動巻き時計「セイコーオートマチック」、1956年には国産としては初めての自動巻腕時計「オートマチック」を発表します。セイコーを代表する高級時計ブランドの1つである「グランドセイコー」は1960年に誕生し、1964年の東京オリンピックでは公式時計として見事採用されます。セイコーの高度な技術は業界から高い評価を受け、今や世界に認められる時計ブランドとしての地位を確立しています。

1969年、セイコーは世界初のクォーツ式時計「アストロン」を発表します。前代未聞の精度を誇る時計が誕生したことで、当時全盛を誇っていたアメリカの時計メーカーの多くが倒産し、スイスの時計産業が一時的な衰退に追い込まれるなど、破壊的なダメージを受けたとされています。これを「クォーツショック」と呼び、現在も生産されている時計の9割以上がクォーツ式を採用しています。90年代に機械式時計の国内生産を復活させたセイコーは、試行錯誤の日々を続けながら、ついに完全新GS規格の機械式ムーブメント「スプリングドライブ」を発売します。

革新的な業績を数多く打ち立ててきたセイコーの真摯な姿勢は、時計大国スイスをはじめ、世界中で認められており、現在もさらなる高みを目指す日本を代表する高級ウォッチブランドして輝かしい歴史を刻み続けています。