タグ・ホイヤーの歴史

世界的に愛されるタグ・ホイヤーのブランド歴史について

タグ・ホイヤーは、現在高級ウォッチブランドとして世界的に有名なブランドです。ここでは、世界的に愛される格式高いタグ・ホイヤーの歴史をご紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。
タグ・ホイヤー 歴史 エドワード・ホイヤー タグ・ホイヤー 歴史 ヒストリー

タグ・ホイヤーの歴史とは

タグ・ホイヤーは、腕時計として個の光るオリジナリティーが際立つデザインが特徴で、高品質な腕時計ブランドとして有名です。1860年にエドワード・ホイヤーがスイスのサンティミエで創業した事からタグ・ホイヤーの歴史は始まります。1985年にタグ・グループとして統合され、正式に会社名を「タグ・ホイヤー」に変更します。世界で初めて100分の1秒を計測可能なクロノグラフ腕時計を1916年に製造した事で一躍有名になります。
現在でもタグ・ホイヤーの腕時計は人気が高く、ブランドの伝統は守りつつも新たなチャレンジも行うタグ・ホイヤーの姿勢は、昔も今も変わる事はありません。流行りのスマートウォッチ業界にも一早く参入し、創業当初からの自社の高度な技術力を腕時計に反映させていきながら、人気時計メーカーとして今も尚走り続けています。

タグ・ホイヤーとモータースポーツ業界との関わり

タグ・ホイヤーは、F1を中心にモータースポーツ業界から多くの支持を受けており、現在も密接関係は続いています。スティーブ・マックィーンを代表とするアクター以外にも、多くのトップレーサーから愛用されています。スポーツウォッチの有名ブレンドとしての地位を確立し、100分の1秒と言う繊細な世界で生きるプロレーサーからの圧倒的な支持を獲得しています。デザインには、モータースポーツに必要なタフさや気品、エレガントな印象が腕時計に反映されており、それが多くのタグ・ホイヤーファンを魅了しています。