ヴァシュロン・コンスタンタンの歴史

世界的に愛されるヴァシュロン・コンスタンタンのブランド歴史について

ヴァシュロン・コンスタンタンは、現在高級時計メーカーとして世界的に有名なブランドです。ここでは、世界的に愛される格式高いヴァシュロン・コンスタンタンの歴史をご紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。
ヴァシュロン・コンスタンタン Vacheron Constan 歴史 ヒストリー ジャン・マルク・ヴァシュロン ヴァシュロン・コンスタンタン Vacheron Constan 歴史 ヒストリー

ヴァシュロン・コンスタンタンの歴史とは

パテックフィリップ、オーデマ・ピゲととも「世界三大腕時計ブランド」と呼ばれているヴァシュロン・コンスタンタンは、1755年スイス・ジュネーヴにて、時計職人のジャン・マルク・ヴァシュロンによって時計工房が開かれた事がヴァシュロン・コンスタンタンのブランドとしての始まりです。創業260年を超える老舗時計メーカーで、世界最古の歴史を誇る時計ブランドとして知られています。
当時、弱冠24歳のジャン・マルク・ヴァシュロンが製作した懐中時計には、卓越した職人技で精巧なアラベスク装飾を施したムーブメントが搭載されていました。現代にも見られるヴァシュロン・コンスタンタンの美的感覚に優れた時計作りは、創業時から継承されてきた伝統といえます。
ジャン・マルクの優れた技術と意思は、1785年に息子のアブラアム・ヴァシュロン、さらに孫のジャック・バルテルミー・ヴァシュロンに受け継がれます。ミニッツリピーター等の複雑時計製作に長けていたジャック・バルテルミーは、ヴァシュロン・コンスタンタンを国際的なブランドへと成長させる礎を築いたとされています。
フランスやイタリアへの販路を拡大し、その際出会ったフランソワ・コンスタンタンを共同経営者として迎えた後、1819年に社名を「ヴァシュロン&コンスタンタン」に変更しています。その後フランソワは、ヨーロッパやアメリカ、そしてアジアへも進出を果たします。1839年に経営に参加した機械技師のジョルジュ・オーギュスト・レショーは、時計作りに革命をもたらす「パンタグラフ」をはじめとする様々な工作機械を発明しました。
彼らの功績により世界最高峰の時計ブランドとして成長したヴァシュロン&コンスタンタンは、1970年に社名を現在の「ヴァシュロン・コンスタンタン」とし、創業から260年経った現在も一度も途切れることなく時計界を牽引し続けています。