ゼニス Zenith 歴史 ヒストリー トップ

世界的に愛されるゼニスのブランド歴史

ゼニスは、現在高級時計メーカーとして世界的に有名なブランドです。ここでは、世界的に愛される格式高いゼニスの歴史をご紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。

ゼニス Zenith 歴史 ヒストリー ジョルジュ・ファーブル・ジャコ
ゼニス Zenith 歴史 ヒストリー

ゼニスの歴史とは

ゼニス(ZENITH)は、1865年にスイスのル・ロックルにて創業した高級時計ブランドです。創業者は当時22歳のジョルジュ・ファーブル・ジャコ(Georges Favre-Jacot )で、スイスで初めてのムーブメントまで自社製造するマニュファクチュールというコンセプトを作り上げたメーカーとしても有名です。マニュファクチュールのみならず、機械の導入により大量生産システムを導入したゼニスは徐々に事業を拡大し、これまで革新的な時計を作り上げてきました。自社製造にこだわるゼニスは、1969年に毎時36000振動で時間を刻むクロノグラフのエルプリメロを発表します。ゼニスが誇るエルプリメロは、現在も世界最速の伝統的な機構をもつ自動巻きクロノグラフムーブメントとしての地位を確立しています。エルプリメロは1980年代後半から2000年頃にロレックスで製造されたデイトナにも搭載されていて、ムーブメントを自社製作し、供給する時計会社として大きく注目されるようになりました。エルプリメロとともに、ゼニスの定番モデルとして年代を超えて、幅広く支持を受けているのがエリートです。ウルトラスリムケースと呼ばれる非常に薄いケースが特徴のエリートは、装飾や機能を最小現に抑えたシンプルなデザインが魅力のドレスウォッチです。シンプルで上品なデザインながらも、毎時36000振動を誇り、パワーリザーブも50時間を備えるパワフルなムーブメントを備えています。