シャネル アクセサリーの刻印

シャネルのアクセサリー刻印について

シャネルのイヤリング・ピアス・ネックレス・リングなどのアクセサリーには全てではありませんがシャネルのロゴや数字などの刻印や楕円形のプレートがあります。数字や刻印を見る事で作られた年代やコレクションなどが調べることができます。年代が古いものや、デザインなどで数字や刻印が付いていないアクセサリーもあります。経年変化などにより、剥がれたり消えてしまう場合があります。※あくまで参考程度にご覧ください。
シャネル アクセサリー 刻印 95A 1995年秋冬コレクション シャネル アクセサリー 刻印 00CC 2000年クルーズコレクション
95A=1995年秋冬コレクションになります。 00C=2000年クルーズコレクションになります。
1段目CHANELのロゴの左側はCopyright(万国著作権条約)の(C)が入り、右側にはRegistered Trademark(登録商標)の(R)が入ります。
2段目ココマークの左側は作られた年代の数字が入り、右側にコレクションのアルファベットが入ります。1986~1994年の刻印はココマークの左右に2桁の数字が入るヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌのデザインのアクセサリーやココマークの刻印だけのシャネルのデザインチームのアクセサリーになります。
3段目MADE IN FRANCE(フランス製)製造国の刻印になります。

シャネル アルファベットのコレクションナンバー

V 定番モデル
P スプリングコレクション
T 春夏コレクション
S ハイサマーコレクション
A 秋冬コレクション
C クルーズコレクション

シャネルのヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ刻印

ココ・シャネル(ガブリエル・シャネル)亡き後、1982年にモード界の皇帝と呼ばれたカール・ラガーフェルトがデザイナーに就任し、1986年にジュエリー部門のヘッドデザイナーとして、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌを任命しました。1986年~1994年の期間は、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌがデザインしたアクセサリーと、シャネルのデザインチームがデザインしたアクセサリーと2種類が制作されました。ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌがデザインしたアクセサリーには21~29の2桁の数字が刻印され、2桁の数字が刻印されていないものがデザインチームがデザインしたアクセサリーになります。
シャネル アクセサリー デザイナー カール・ラガーフェルト Karl Lagerfeld シャネル アクセサリー デザイナー ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ Victoire de Castellane
カール・ラガーフェルド ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ
シャネル アクセサリー 刻印 ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ シャネル アクセサリー 刻印 デザインチーム
26=1991年ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ 番号なし=シャネルデザインチーム

シャネル ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌナンバー

[1986年~1994年]

21 1986年
22 1987年
23 1988年
24 1989年
25 1990年
26 1991年
27 1992年
28 1993年
29 1994年