カルティエの歴史

世界的に愛されるカルティエのブランド歴史について

カルティエは、現在高級ジュエリーブランドとして世界的に有名なブランドです。ここでは、世界的に愛される格式高いカルティエの歴史をご紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。
カルティエ 歴史 ルイ・フランソワ・カルティエ カルティエ 歴史 ヒストリー

カルティエの歴史とは

カルティエは、1847年に宝飾師であるルイ・フランソワ・カルティエが28歳の時に創業したフランスのジュエリーブランドです。個人顧客を対象にヌーヴ・デ・プティ・シャン通り5番地にブティックを構えます。リシュモングループの傘下にあり、時計、革製品、ライター、筆記用具等色々な商品を取り扱っています。イギリス王室をはじめスペイン、ロシア、ギリシャ、モナコ、ベルギー、インド等、次々と王室との関係を深めていき、王室御用達は16ヶ国に上ります。英国エドワード7世の言葉「王の宝石商、宝石商の王」と、カルティエは言われています。世界5大ジュエラーの一つとして人気を得ているブランドです。

カルティエ時計製造の始まり

宝飾工房としてカルティエのブランドを出発させますが、ルイ=フランソワ・カルティエは、宝石工房創業当初から強く時計製造に興味・関心を抱いていました。当時懐中時計が主流であった中、カルティエと親交のあった飛行機の父として名の知れていたパイロットのアルベルト・サントス・デュモンから、「操縦桿から手を離さずに使える時計が欲しい」と相談され、世界初レザーストラップ腕時計を製造しました。その時計は依頼主の名を取って現在のサントスウォッチとなっています。
カルティエの時計は、他の宝石商が手掛ける時計と異なり、とても洗練されたシンプルなデザインが特徴で、宝石で飾り立てせずとも時計自体のフォルムが魅力的である事が大きな要因となっています。まさに、その要因こそカルティエの腕時計が長年人気の理由になっています。