エルメス 歴史 ヒストリー

世界的に愛されるエルメスのブランド歴史

こんにちは、三重県鈴鹿市の質店「大蔵屋」です。
エルメスは、現在高級バッグブランドとして世界的に有名なブランドです。ここでは、世界的に愛される格式高いエルメスの歴史を紹介します。※あくまで参考程度にご覧ください。

エルメス 歴史 ティエリー・エルメス
エルメス 歴史 ヒストリー

エルメスの歴史とは

1837年にティエリー・エルメスが高級馬具工房としてパリで創業した事がエルメスのブランドとしての始まりです。エルメスが手掛ける馬具は品質や性能が優れており、当時ナポレオン3世やロシア皇帝にエルメスは愛用されており、大変愛され繁盛していきます。1892年には、馬鞍を収納するためのバッグとして「サック・オータクロア」が製作され、これはエルメスが初めて作ったバッグであり、現在のバーキンの原型モデルとなっています。 1900年代になり時代は馬車から自動車社会へと、世の中の生活スタイルも変わっていきます。その影響を受けて、ティエリーの孫エミール=モーリス・エルメスは、馬具事業からファッション事業へと事業転向します。1920年にエルメスでファスナーの特許を申請して、世界で初めてファスナー付きバッグブガッティを誕生させます。こうして、現在の高級ブランドエルメスへと繋がっていくのです。

エルメスケリーの誕生秘話

エルメスの代表と言えばケリーです。ケリーの誕生は、1892年にケリーの原型モデルが誕生しています。ケリー誕生当初は、ケリーでは無くサック・ア・クロアという名前でしたが、モナコ王妃のグレース・ケリーが使用していた事で1955年頃からバッグの名前がケリーに改名されます。その後、エルメスのバッグは王室御用達のブランドとして注目を集めていき、現在は世界中のセレブに愛用される有名ブランドとして君臨しています。

憧れの「エルメス」大蔵屋が高価買取させていただきます!

今回はフランスを代表するブランドのエルメスの歴史について紹介しました。エルメスのバッグや財布の買い取り・質預かりを行う三重県鈴鹿市の質店「大蔵屋」では個人情報保護を遵守しております。ご家族には内緒で当店を利用したいという場合でも安心してご利用くださいませ。鈴鹿市にはたくさんの買取店がありますが、松阪市や津市などからも多くのお客様がいらっしゃいます。また、店頭に来られてから「やっぱり手放したくない・・・」という場合には買い取りではなく、質預かりに変更していただく方もいらっしゃいます。柔軟に対応できますので、お気軽にお越しください。